傷寒論(12)ゼロ戦

2013/01/06 Sun

傷寒論(12)ゼロ戦

(イアン)
所沢航空発祥100周年記念に

アメリカから元日本海軍のゼロ戦が来ました。

mail航空公園
所沢航空公園の展示場です。
ゼロ戦と言えば当事は世界水準を越えた戦闘機です。
日中戦争のデビューから戦後までに
10,500機に及ぶ数が製造されました。

mailゼロ戦2
我々子供の頃かは憧れの戦闘機でした。
小さな模型を作って、自分が操縦しているように
ブーン、ブーンと模型を手に飛ばしていました。
ゼロ戦は会場の一番奥の狭いところに展示されていたのか

mailゼロ戦1
初対面した時はその迫力に圧倒されました。
これが・・・あのゼロ戦か!

mailゼロ戦4
1,100の低い馬力にも関わらず
高い機能性を有している機体
20ミリ機関銃を付けた大きな主翼

mailゼロ戦3
若者が国を信じて飛び立って
多くの若者が帰らぬ人となりました。

もしも、自分の息子が操縦席に乗って
敵地に飛び立とうとしたならば、
私は何をするだろうか・・・

万歳をしながら、心では「無事に帰って来いよ」
と密かに願っているのだろう。

その若者を送った母の気持ちを察して心が痛みます。

(傷寒論序文訓読)
それ天は五行を布いて、
以って万類を運(めぐら)し、
人は五常を禀(う)けて、
以って五臓有り。
経絡、府愈、陰陽会通し、
玄(ふか)く冥し 幽に微に、
変化極め難し。才高く
識 妙なるに 非ざるよりは、
豈に能(よ)く其の理 致を探らんや。


(井案)
自然界は五行で動いています。

五行とは木、火、土、金、水の五種類です。

この五種類で世界は変化しているのでます。

色々な出来事を五種類に分けているのです。

全世界を5種類に分けている理論です。

この理論は優れています。

相生関係1
例えば五味にしても、
抹茶の苦味(火)を消すには、
隣の甘み(土)を先に食べます。

ゼンザイの甘み(土)を更に甘くしたいならば
2つ隣の塩(水)を少し入れます。

これはスイカを甘くするのに似ています。

五色もこれと同じです。

赤(火)を強調しかければ
白(金)か黒(水)をバックに入れます。

絵画では補色とも言われますが、この五行にもあります。

( ^)o(^ ) ビックリー
しかし、その基本を知らないで
我々は相互作用だけを覚えています。

全世界を5種類に分けている?

何を基準に分けているのでしょうか?

(?_?) ナンデスカ?
これは世界を2分する陰陽の分類のように、
生物と鉱物(非生物)から出来ています。

もう一つは作用である酸化と還元作用です。

この2種類が重なっているのです。

生物の代表が「木」
鉱物の代表が「金」
酸化作用の代表が「水」
還元作用の代表が「火」
となっています。
その反応が中央の「土」です。

(^_-)-☆ ナルホドー
これによって五行が現されています。

この理論を小寺師匠から聞いたときは
目からウロコと言いますか、衝撃を感じました。

この五行を受けて、身体には五臓があります。

体表には経絡があり、気血が通っています。

この関係は不可思議で理解するのには
計り知れない物があります。

\(◎o◎)/! このカンケイガ ジュウヨー
この五行の相互関係は不思議な関係で

隣同士は助け合い、母子関係を親密ですが、

一つ隣は敵対したり、奪ったりします。

この関係で治療が行われるのです。

だから痛い部分には手を触れないのです。

人体で痛い部分は炎症が起きているのか、
組織の損傷が起きています。

((+_+)) イタイデスー
その部分に治療を加えても、
更に損傷を増させるだけです。

よって、その部位から離れた部分や
更に遠い部分に治療を施して、
炎症を和らげるのです。

この五行の理論を熟知して、
経絡を使って治療に励んでください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは。

お正月気分もあっという間で…
先生や皆さまも、日常生活に戻られて
頑張っておられることと思います。
私は…といいますと、この寒波で、何年ぶりかの風邪を少々(^^;

・・・

ゼロ戦の実物は迫力がありそうです。
しかし、たくさんの若者が帰らぬ人となったのですね・・


世界も人も五行で動いているのですね。
小寺先生の理論は素晴らしいです☆

私は…五味を知ってから、ちょっとだけ
お料理が上手くなりました!?
お料理だけでなく、鍼治療も頑張りたいです(^^)

No title

ゼロ戦、話には聞いていますが、実際に見たことは無いです。
戦時中の話は、聞くだけで、心が痛みます。
どれ程多くの若者が、国を背負って飛び立ったことか…
今の平和な時代に生まれて良かったと改めて思う事です。

五行、私もこの理論を井案先生から伺った時には、衝撃的で、今でも印象に残っています。
これ程、的確に五行を言い表した説明を、他には聞いた事がありません。
お陰様で、陰陽五行が抵抗無く、自分の中にすんなりと受け入れられ、
今では治療に大活躍です。お陰様です。
小寺先生は本当に偉大な師匠でしたね。

一支国さんへ

風邪は大丈夫でしたか?
関東はこの寒波で、
風邪とノロウイルスにインフルエンザと
私の周りの人は大変な状態です。
私も今年はどれかに罹患しそうな雰囲気です。

陰陽五行論は凄いです。
言われるとおりに、
味や色だけでなく、病気や作用なども
当に世界はこれで動いております。

お料理だけでなく、色の原理が分れば
ポスターや服のコーデネートも上手くなりますよ!

白い月の風さんへ

本物の零戦は迫力がありましたよ。
確かに、今の平和な時代に生まれて良かったです。

私も小寺先生の五行の説明を聞いて、感動しました。
これ程の説明が出来る人は居ないと思います。

この五行の色体表の解説も実に素晴らしいです。
小寺先生にお会いしなかったならば、
今日の私は無かったと思います。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR