スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷寒論序(16)孔子の教え

2013/01/24 Thu

傷寒論序(16)孔子の教え

(イアン)
患者さんに沢庵を貰いました~ウフフ
ご夫婦の両実家の沢庵だそうです。

mail沢庵
どちらも美味しそうです~

傷寒論序の最後になります。

(読み下し文)
明堂闕庭、盡く見察せず、
所謂、管(くだ)より窺(うかが)うのみ。
夫れ死を視て生を別つことは
実に難しと為す。
孔子の云う、
生まれながらえて之を知る者は上にて、
学ぶれば則ち之に亜(つ)ぐ、
多聞博識あるは知の次なりと。
余、夙(つと)に方術を尚(とうと)ぶ。
請う斯の語を事とせん。

漢長沙守南陽張機著


(井案)
「漢長沙守南陽張機著」

之を見ると「漢委奴王国」の
金印を思い出されますね。
漢委奴王国金印
これは中国の漢の皇帝が
委奴国の王と認定した金印です。


福岡県の志賀島で発見されました。

卑弥呼も後に贈られているようです。

この印が発見されると良いですね。
\(◎o◎)/! ミツカレー

傷寒論の序文に入ります。

今の医師が診断するのは
ただ、前から引き継いだ技術だけで、

診断もろくにせずに即断してしまう。

よって、病名も症状から適当に付けていて、
適当に答弁をして、その場を濁していて、

本当に患者の身体が訴えている事を
医者が見逃しています。

これではいけないのですね~
(^_-)-☆ キホン ヲ タイセツニー


時間を駈けても、
患者を徹底的に観察して、

慎重に「証」の決定を
しなくてはいけません。

当時の医者はまるで
細い管から覗くようなもので、

全体を見渡せません。
ч(◎o◎)¬ ヤブ クダ セマイー

例えば膝が痛いと訴えれば、
その膝の周りしか診察しないのです。

本当は身体全体から来た症状なのですよね。
東洋医学と関わっていると、

これがよく理解できます。
( ^)o(^ ) シンダンガ タイセツ

孔子の教えの中で
人は生まれながらに何でも知っている事は

これは恐ろしい天才的は人ですがね。

でも、実際にそんな人は居ませんよね。

ブッタでも子供の頃は凡人です。

後に苦労と逆境で勝ち得た教えです。
(^_-)-☆ カミサマ デス

普通の人はね、学習して知識を得て行き、
段々と経験を付けてゆく者です。

これが極普通ですよね~。
(^_-)-☆ トーゼン デス

ところがです。
多聞博識(たぶんはくしき)とは

情報を集めて、一定の知識がある人ですが、
一見博識のようですが、

それは、決まった方法の知識です。

口先だけで誤魔化しています。

家技を単に継承しているのと同じです。

学んで進んでいる人にはとても適いません。
(^_-)-☆ ベンキヨウ デス

それは、そのやりかたの方法だけで
本質や基礎を知らないからです。

人から聞くことも重要ですが、
これは家の技をそのまま勉強もしないで、

単に方法を受け継いでいるだけです。


例えばです~お腹が痛いなら、安中散とか

肩凝りは葛根等と決めているのを同じです。

そんな事ないのですよね~。

色々な病証から、肩こりは現れるのですよね~

多くの勉強会では治療の方法だけを教えて

肝腎の基礎理論をやりません。

それは受講者が求めないからです。
(>_<) サルマネ デス

例えば患者のお腹の痛みの原因を探るのです。

肩凝りの原因は何かを調べるのです。

基礎理論を確りと勉強した人には、
理解が出来るのですが、

多聞博識の人にはとても理解が及びません。

基礎である理論を疎かにしない事です。

小手先の治療は挫折があるのみです。
(*^。^*) ベンキョウシテー

それらの事を心に刻んで、
毎日毎日勉強して貰いたいですよね~と

張仲景は断言しております。

ここに漢の国、長沙の守り、
南陽の張機が著しました。
(*^。^*) ヤット オワッター

以上で傷寒論序を終ります。

私もこの序文の重要性を再確認が出来ました。

私も20代の時は東京で経絡治療の方法を学びました。

治療方法だけでしたが、これで病を治せる気になり
鼻はテングになって伸び伸び~でした。(苦笑)
(^^ゞ ジシン マンマン ダー

その後30代に神戸で小寺師匠に
基礎となる古典を教えられました。

これから専門学校での講義方法が変わりました。

もちろん臨床実習も変わって行きました。
( ^)o(^ ) ケンキョ ニ~

今日の私は小寺先生のお陰だと思っております。
今は古典に鼻の下が伸び伸び~です。

ここで質問です。

傷寒論の序文で自分が一番良かったと思う句は
どの部分だったでしょうか?

これは人それぞれ違うので、コメントを寄せて下さい。

自分と他人は経験が違うし、考えも違います。

他人の意見に惑わされないようにして下さいよ。

私も参考にしたいのです。

投稿されるのを、永~く、お待ちしております

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは。
今期1番の寒波が、また襲来のようですね~
こちらは中国から、何かしらお土産も!?
降ってきているらしいです(>_<)

さてさて、先生。宿題じゃなかった質問の答えですが。
序文の中で一番良かったところ・・を
抜き出すってことで良いのでしょうか?
全部読み返してみたのですが(でも、私の理解力が怪しく…笑)
いいなぁと思うところ、いくつかあるのですが
あえて一つというならば

最後の部分かな・・
「余、夙(つと)に方術を尚(とうと)ぶ。
 請う斯の語を事とせん。」

答えになっているかしら・・
違っていたら、またお知らせ下さいませ(笑)

No title

こんにちわ。
結構、永い間続いた傷寒論の序文でした。
読み返してみて、

「それ天は五行を布いて、
以って万類を運(めぐら)し、
人は五常を禀(う)けて、
以って五臓有り。
経絡、府愈、陰陽会通し、
玄(ふか)く冥し 幽に微に、
変化極め難し。才高く
識 妙なるに 非ざるよりは、
豈に能(よ)く其の理 致を探らんや」

この部分が、一番、心に響いたように思います。
この世が五行で成り立っていることを、
案外忘れがちであるからです。
五行色体表を引っ張り出して、また読み返さなくちゃ、
と、反省しておりますです。

氷谷を渡る・・・

こちらは、暴風雪警報が出て、雷と風とが混ざり合って、とんでもない音がしていま
す。(うんざり)

今回傷寒論序文で心に残ったところですが、私は2箇所あります。
その1.
而(しか)も進んで人を愛し人を知ること能(あた)はず、
退(しりぞ)いて身を愛し己(おの)れを知ること能はず、
災に遇(あ)い禍(か)に値(あ)って、身、厄地(やくち)に居す。
蒙蒙昧昧して (しょう)なること遊魂(ゆうこん)の若し。
哀しい乎(かな)、世に趨(はし)るの士(し)、
浮華を馳競(ちきょう)して、根本を固めず、
躯(み)を忘れ、物に徇(したが)いて、
危うきこと氷谷(ひょうこく)の若きこと、
是(これ)ここに至る也。

東日本大震災以来、風をひきやすくなったと思っているところへ、
その集大成のように「肺炎のなりかけ」なんかになり、
うろたえたというのがぴったりとした状況だったので、自戒をこめて選びました。
高熱を出してぐったりしているときに自分を観察なんてできませんし、まして、人の
ことは、頭からさっぱりと抜けておりました。自分の体のことに無知では、他人の体
のことなどどれほどのことがわかっているのでしょうか?
土曜会一番の不摂生者とはいいましたが、この項目は心にグサッときました。

その2.
(傷寒論序文訓読)
それ天は五行を布いて、
以って万類を運(めぐら)し、
人は五常を禀(う)けて、
以って五臓有り。
経絡、府愈、陰陽会通し、
玄(ふか)く冥し 幽に微に、
変化極め難し。才高く
識 妙なるに 非ざるよりは、
豈に能(よ)く其の理 致を探らんや。
(井案)
自然界は五行で動いています。
五行とは
木、火、土、金、水
の五種類です。
この五種類で世界は変化しているのでます。
色々な出来事を五種類に分けているのです。
全世界を5種類に分けている理論です。
この理論は優れています。
治療だけでなく、日常生活全般にお世話になっている五行はここからなんですね。
「お世話になっております。」と、感謝と敬意をこめて選びました。

番外編.
カピパラ先生の日記より、零戦を見に行かれたこと。
零戦をみたことより、自分の息子さんが戦争に行かれたら、自分は?
ということを書かれていたところです。
私の母からきいたお話しですが、
伯父は、中学を卒業後、予科練にいきました。
そこを受験することを親(私の祖父母)にだまって受けたらしいのです。
受かったとき、祖父は伯父を怒鳴って殴りつけたそうです。
この話しを聞いたときには、祖父はなくなっていましたので、祖父の実際の気持ちは
わかりませんが、
おだやかな人でしたので、戦時中とはいえ、
自分の息子がすすんで軍人になるのは反対だったのでしょう。
余談ですが…
伯父があの、七つボタンは桜に錨の征服を着て、
同期の桜のかたがたとの集合写真を見たことがありますが、
なんと、美男子ぞろいでびっくりしました。
イケメンなんて軽い言葉ではなく
「眉目秀麗」というのがぴったりとした顔つきのかたがたばかりでした。
この中にも、戦火に散っていかれたかたがいられるのではないでしょうか。?
この写真も今回の津波で流されたようです。
余談終わり。

また、冬将軍さまご一行が来日されたようで、滞在は来週までいられるようです。
関東もまた気温がさがるようですね。
カピパラせんせい、どうぞ足元には気をつけてくださいませ。

一支国さんへ

「余、夙(つと)に方術を尚(とうと)ぶ。
 請う斯(こ)の語を事(こと)とせん。」

良い所に目を付けましたね。
( ^)o(^ )

張仲景の気持ちを汲んで訳すと
「私は以前は怪しい術を喜んで信じていましたが、
ここで学んで医術を習得したので、これを使いたい。」

これを現在に例えれば、
病気はこれ1発で治る。とか、
強い薬を飲めば たちどころに治るとか、
お払いをすれば良いとか。
この霊験のある壺を買えば・・とか、
このような類ですね。

しかし、理論を確りと学べば、どの様な病気でも
焦る事も、あわてる事もありません。
私の信じる物は、真実の理論です。
この理論を勉強して、治療に当たる決心を示した言葉ですね。

この部分は素晴らしい言葉だと思います。
一支国さんは良く理解されました。

小寺先生の講義の時に私の兄弟子が
この序文を筆書きのを配ったのがありますから、
このコピーを送りたいと思います。
お待ち下さい。

白い月の風さんへ

「それ天は五行を布(ひ)いて、
以って万類を運(めぐら)し、
人は五常を禀(う)けて、
以って五臓有り。
経絡、府愈、陰陽会通し、
玄(ふか)く冥し 幽に微に、
変化極め難し。才高く
識 妙なるに 非ざるよりは、
豈(あ)に能(よ)く其の理 致を探らんや」

確かに、良い部分です。
世の中が五行の法則で動いているなんて、
本当にびっくりですよね。

色も、味も、病気も、諸々の変化も、季節もです。
この理論を知らないと、全く気が付きません。
知慮もお粗末でその場限りの言い逃れになってしまします。

反対に理論を知っていると、なるほどね~
同じ様に人間の生態の変化にも理解が及びます。

医学の理論を知ると知らないでは、治療の方法も違います。
これらの言葉を再確認して、勉強をして下さい。

そして、更に治療の腕を挙げて下さい。
影ながら、応援いたします。

お梅ちゃんへ

心に残った部分のその1.
而(しか)も進んで人を愛し人を知ること能(あた)はず、
退(しりぞ)いて身を愛し己(おの)れを知ること能はず、
災に遇(あ)い禍(か)に値(あ)って、身、厄地(やくち)に居す。
云々・・・

これは言えますね~
以前、癌の患者さんを治療しているときに
その患者さんから
「先生は自分は癌に罹らないと思っているでしょう」
と言われた事がありました。

確かに・・・これは人事ではありませんね。
私は冷静に癌を受け入れられるか。
これは現実になってみないと解かりません。

こんな話を聞いた事があります。
修行を積んだ、ある高僧が
「私は修行を積んだので、如何なる事があっても動じません」
医者が「彼方は癌です。余命は・・・」
その高僧は直ぐに自殺をしたそうです。
これってありですか? 
それこそ黒澤明の映画「生きる」をして貰いたかったですね。

その2.
これは当に白い月の風さんと同じ部分ですね。
これも良い部分ですね。
確かに
日常生活全般にお世話になっております。
この理論を持って治療にも磨きを掛けて下さい。

理論を忘れて、痛い所治療は駄目ですよ。
それをやれば患者さんが傷を負います。
患者を損傷させて、治療家とは言えません。

お梅ちゃんのお母さんの話しも
実際に大変な話ですね。
国民を駆り立てた戦争は良くないですね。
でも、今も世界のある地域では戦争が起きています。
これは悲しい事です。
早く原水爆も武器も世界から無くすべきですね。

診断

私が序文で気になったところは、
「寸を按じて尺に及ぼさず、
手を握って足に及ぼさず。
人迎、趺陽、三部参(まじえ)ず、
動数発息は五十に満たず。
短期なれば、未だ決診することを知らず。
九候すなわちほうふつなき決診することを知らず。」

つい患者さんの訴える所に気持ちがいき、
全体の観察がおろそかになりがちです。
診断は、患者さんとの対話ですね、
この所が心に残りました。

甲斐人さんへ


「寸を按じて尺に及ぼさず、
手を握って足に及ぼさず。」

この部分も重要ですね。
我々は脈だけで診断してはいけないのです。
やはり、全身を観察してから、
初めて診断を下すべきです。

よって、診断が終わるまで、
病名を口に出さないことを勧めています。
言葉は自分にも暗示になってしまうからです。

寒に破られて冷やす?

花嫁の父となられ、おめでとうございます。
もう少ししたらおじいちゃんとなることでしょう。
孫は 可愛いですよ。

感想は傷寒卒病論の中でというより、
初っ端の説明の文章のところで
「なーるほど~、そうなのか~! 
知らなかったな。」と思ったものです。

傷寒卒病論(しょうかんそつびょうろん)
(井案)
これは傷寒論の序文の先頭です。
傷寒論の傷寒とは寒に破られる、
又は寒に傷を付けられるという意味です。
寒邪の襲来の為に熱病になっている病気を論じています。
卒病とは卒然の卒で急性を意味している言葉で、
合わせて急性熱性病の論じた書物という事になります。
この発熱を引き起こしているのが、
寒さが原因なのです。

現在では発熱がありますと、
頭や身体を冷やすのが常識になっておりますが、
本来は寒邪の襲来で起きた熱病ですから、
この発熱は冷やしてはいけないのです。
講義の中で
「寒邪に犯されているのに、何故また冷やすの?」
と師匠が言いました。
「熱が有るのにー何故温めるの?」
というところが一番インパクトがあったところです。

ふつうなら熱が出たら冷やすというのが多いと思うのですが、
熱が出るには理由があるから
たとえば、ウィルスや細菌を殺すために出ているのかもしれません。
傷寒卒病論の意味すら知らなかったのですが、
これからも よろしく指導お願いいたします。

ジェフママさんへ

ありがとうございます。
早くおじいちゃんとなりたいですね~
孫の名前は可愛いのが良いかね~。
男なら~何々左馬(さま)とか
女なら~何々知安(ちゃん)とかが良いかね。(笑)
例えば 麗知安のように既にチャン付きが良いね。

傷寒卒病論の感想をありがとう。
「寒邪に犯されているのに、何故また冷やすの?」
の師匠の言葉には私も目からウロコでした。

人間は生きています。よって身体は恒常性があります。
これは寒ければ温めるし、熱ければ冷やす働きです。
これを考えて治療を行うべきですね。

心が引き締まる思い

傷寒論序文のブログをようやく
読み終わりました。
序文が素晴らしさに驚きました。

張仲景は望診を重要視しています。
上は以って君親の疾を療し
下は以って貧せんの厄を救し
中は以って身を保ち長全し以て其の生を養う。
つまり貴賤の隔たりなく治療し
中は自分の健康に注意を払うと言うことですね。
私も自分自身の健康に気をつけて行きたいです。

望診は患者の表面だけ見るのでなく
患者の行動や仕草で何かを感じとり
更に心の中をも見通しているとは驚きです。
心構えだけは見習いたいです。
脈を診ながら病人の行動や態度で
その人な心理状態を見ている。
ふむふむ~実に深い~~
その他、発汗は貴重な冷却装置である。

哀しい呼世にはしる士、
浮華を馳競して根本を固めず。
これって、なんと耳の痛い

色々有りすぎて書ききれません。
勉強にんりました。

Marry さんへ

お疲れ様でした~。
11月からですから、しかも十数回分です。
しかし、序文はすごくためになるでしょう?
私も十分に勉強になります。

これからは自分の健康も確りと気を付けないと
本当の治療師にはなれませんね。

また、目先だけの治療ではなく
根本の本治療法に心を傾けなければなりません。

それには日々勉強です。
お互いに頑張りましょう~

No title

日曜会、ありがとうございました!
盛岡はまだまだ雪がちらついて寒い日が続きます
春が待ち遠しいです

傷寒論序文、わたしは

各々の家技を承け、

終始、舊(きゅう)に順い。

を読み、治療法だけをただ持って帰るのではなくて
なぜそこをそのように治療するのか
理論をきちんと理解したいと…

それから「身を愛し己を知る」というところ
早く腎虚から脱出したいです…!肺虚になりたい(笑)
なぜか自分の健康を後回しにしてしまうので戒めにしたい所です

盛岡の小鳥さんへ

遠い所から お疲れ様でした。

盛岡ともなると、寒さもまだまだ厳しいでしょうね。
私も那須塩原市に居ましたから察しが付きます。
しかし、春は花が突然に咲き見事ですね。
これを楽しみに 素敵な春を待っていて下さい。

傷寒論序文感想をありがとう
「 各々の家技を承け、・・・」でしたか。

これは言えますね。
私も学生に実技を教えていましたが、
上手く上達しても、理論を知らないので、応用が利きません。
だから少し変わった事に出くわすと、
「聞いた事が無い」 と言われていました。
これには私も何とも出来ませんでした。
なぜそこをそのように治療するのかを知っていれば
十分に対応が可能になります。

確かに鍼では全てに病気が治せる訳ではありません。
でもその病気が起こる原因を知れば、
治療法を色々と行えると思います。

「身を愛し己を知る」も良いですね。
自分が健康に成っていれば、患者も元気になります。
また自分の治療はやはり、他人にして貰うのが一番効きます。
自分での治療は色々な面で難しいですね。

次回は肺虚証に成られる事を心からお祈りします。

No title

こんにちは。またまたお邪魔致します。
傷寒論序文、皆さんの良かったところをお聞きして
そうだよね~、いいところだよね~、ふむふむと
改めて序文の素晴らしさを感じています。

で・・私、もう一つ。

乃ち勤めて古訓(こくん)を求め、
博(ひろ)く衆方(じゅうほう)を求め、
素問、九巻、八十一難、
陰陽大論、胎臚薬録、併に平脈弁証を撰用し、
傷寒雑病論を合せて十六巻を為る。
未だ盡(ことごと)く諸病を
愈す能(あた)はずと雖(いえど)も、
庶(こいねがわ)くば以って病を見て源を知るべし。
若し能く余が集むる所を尋(たず)ぬれば、
思い半ばに過ぎん。

「庶(こいねがわ)くば以って病を見て源を知るべし。」

病気には必ず原因がある・・
傷寒論を読んで、理論をしっかり勉強したいと思います。

一支国さんへ

一支国さんの言われる通りです。
「 乃ち勤めて古訓(こくん)を求め、
博(ひろ)く衆方(じゅうほう)を求る」

広く治療法を研究して行くのは必要な事です。
医療技術は止ると、どれで終わりです。
私も教育に携わってきたお陰で、勉強が出来ました。
良かったと思っております。

「未だ盡(ことごと)く諸病を
愈す能(あた)はずと雖(いえど)も、
庶(こいねがわ)くば以って病を見て源を知るべし。」

この言葉も素晴らしいですね。
この言葉を私も信じて、傷寒論を読んでおります。
根源を知らないで、治療が出来ません。

この言葉は、我々鍼灸にも当たります。
理論を知らないで、技術だけでは、猿真似です。
理論を知って初めて応用が利くのです。
良い所に気が付かれました。
素晴らしいです。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。