東洋医学の治す力

2013/02/15 Fri

大発見です。

専門学校の近くに商店が集っているモールがあります。

4年間もの長き期間、ここを通り過ぎていました。

先日午後に遅い昼食を食べようと訪れました。

発見!
(*^。^*) ナツカシー

懐かしい、大将軒です。
モール大勝軒

学生の頃は量が多いので東池袋の、
大将軒で食べていました。

写真が飾られていて、懐かしい大将の姿です。

後に漬けつけ麺が流行して有名となってから、
全く行っていませんでした。

これがレイクタウンにあったのです。

早速、入ったのですが、
漬け麺が以前と違い、濃くてね~

(>_<) ガッカリ~~ デス


次の週にも再訪したときは

昼食時期でどの店もお客が並んでいるので、
うろうろしていると!

一蘭ラーメン店を発見!
(*^。^*) エー エー エーッ


これって、福岡の一蘭?
モール一蘭

早速、チケットを購入して入ると
だった のですね~ウフフ…
一蘭

福岡赴任時代はよく食べていました~

天神店と福岡本店の2店に通いました。
一蘭麺

店内は選挙の時の筆記場所のような
個別の仕切りがあるのです。

福岡で始めてきて時は
私もこの構造には驚きでした。

\(◎o◎)/! ビックリーー


関東の豚骨ラーメンは臭いので嫌ですが、
福岡のこのラーメンは臭くないのです~~。

一蘭は絶品の味でした~
これは嬉しいです~

替え玉も迷わず注文しました。

替え玉は博多ラーメンではごく当たり前です。

それは麺が固いうちに食べるからです。

だから、
普通のラーメンよりも麺の量が少ないのです。

これは美味いです。最高です~。

次回は臨床のメンバーと一緒に行きたいです。

( ^)o(^ ) イッショニ ユコ ー


谷 美智士氏著書
「東洋医学の治す力」
51M0T02S5HL__SL500_AA300_.jpg

この先生の本を読んでいます。
やさしい言葉で分かり易いので
一般の人にはお勧めです。

治療院にも置いておきたいですね。

第1章の東洋医学はここまで治せる。

ここでルーマニアの児童のエイズ治療の話しがあり、
病原菌のビールスは治療薬に対して

自分の形を変えて対抗します。

そのためには以前の薬では効かない為に
新薬は更に強い薬を使います。

するとビールスはまた形を変えて
新しい薬の耐性菌となります。

これではビールスといたちごっこになります。

(*_*) メサキハ ダメー


この様に
現代医学の「攻める医療」になるのですが、

東洋医学では身体を整える医学です。

これが、東洋医学の「助ける医学」になるのです。

これは実に上手く言っています。

(*^。^*) サイコー


これは我々も知っているのですが、
実際は患者の身体の痛みを訴えている部位

硬結が存在している部位に施術をしています。

これも「攻める医学」になります。

硬結部分は治療後に更に堅くなってまいます。

痛みも炎症が出てきます。

これでは、本来の東洋医学の
「助ける医学」には当たりません。

( ^)o(^ ) カラダヲ タスケルー


第2章 四千年の歴史が培った人体の見方
古典である、黄帝内経、神農本草経、傷寒雑病論ですが、

黄帝内経は鍼灸の実用的な医療知識と
五行論の自然哲学から成り立っている。

神農本草経は薬物の効果を中心に論じてある。

傷寒雑病論は診断に基づいての治療方法である。

神農本草経は後に神仙医学と結びつき、
不老長寿や仙人になるための薬物になり、

現代で言えば、まむしドリンクは元気になる類です。

\(◎o◎)/ ダマサレナイデー


この様な特殊な特効療法では現実に合わなくなる。

黄帝内経、傷寒雑病論のように
診断に基いて治療を行うべきです。

傷寒論の序でも当今の医は特効療法に手を染めて、
本来の診断が疎かになっていると嘆いています。

\(◎o◎)/ キヲツケテー


鍼灸も同じです。

肩凝りや腰痛、五十肩などの治し方とは無いのですが、
これが不思議に堂々と講演会もあるのです。

こんな事は有り得ないはずですがね。

理論通りに五種類の分類する診断をすれば、
色々な症状が治りのですがね。

と書いてゆけば限り無いので
自分で読んで感じてください。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは。

「一蘭」ですね~福岡の豚骨ラーメン懐かしかったですか☆
これからチョクチョク召し上がれますね(^^)
少ない量で、替え玉が良いのです~

「東洋医学の治す力」
興味深いタイトルですね~読んでみたいです。
助ける医学が・・東洋医学の真髄ですね。
私も、自分の診断を信じて(^^; 経絡治療頑張りたいです。

陶芸部ありがとうございました

こんにちは!
昨日はありがとうございました。それと陶芸部もありがとうございます。先生も好漢堂先生も作品を作ってくださいね。
六神丸の成分は麝香、牛黄(牛の胆石)、熊胆(月の輪熊の胆嚢)、人参(オタネニンジン)、真珠、蟾酥(せんそ)で、六神丸の名前はこの6つの神薬(高価で貴重な薬)でできていることに由来との説のほか、中国の四神(青竜、白虎、朱雀、玄武)に勾陳(こうちん)と騰蛇(とうしゃ)を加えた六神から由来するという説、五臓六腑の五臓(肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓)に心包を合わせた六臓に効果があるという考え方に由来するという説があるそうで、「救心」の元だそうです。救心の成分は麝香(ジャコウ)牛黄、蟾酥(センソ ガマの油)、羚羊角(レイヨウカク)、人參、真珠、龍脳、動物胆(豚の胆汁を乾燥させたもの)だそうです。

一支国さんへ

福岡の「一蘭」は美味しいですよ~
しかし、吉川市にはこれからは余り行けなくなります。
だから、機会が有れば寄りたいと思っております。
福岡の豚骨ラーメンの細い麺は最高に美味しいですね。

少ない量で、替え玉が最高です~( ^)o(^ )

東洋医学の真髄は「助ける医学」です。
患者さんの為にも 経絡治療を広めて下さい。
硬結や痛い部分には治療をしてはいけませんよ~
深い鍼も 痛い鍼も 厳禁です~(^_-)-☆

batabataさんへ

陶芸部を立ち上げた人が去られて、私も一時は困惑しました~(笑)
今は部員の人も確りしており、安心して任せています。
作品はこれからで、先ずは一支国さんに送れるものをと考えています。

六神丸の成分をありがとうございます。麝香他6種類だけでしからかね~
やはり牛黄(牛の胆石)も入っていましたね。
しかし、熊胆(月の輪熊の胆嚢)が入っているとは驚きです。
次回にはこの六神丸を味わって下さい。
舌が強烈にしびれます~((+_+))
batabataさんも傷寒論の感想をお願い致します。
何が出るか楽しみにしています。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR