(18) 発熱の対処

2013/03/12 Tue

傷寒論(18)はじめに
 
吉川市の専門学校の近くにあるモール(イオン)

専門店の「一蘭」の豚骨ラーメンが大変に気に入り、
毎週に訪れるようになりました。

先日、臨床室のメンバーと言って来ました。
一蘭に集合
これが、そのメンバーです。

普通のオジサンのような人も居ますが、

( ^)o(^ ) シンライ デキマス
どの人も立派に治療が出来る先生です。

彼らも今後は経絡治療で
治療院を開業される事でしょう。

将来が楽しみです。

(^_-)-☆ オワリ マシタ
ブログの傷寒論の序文が終わりましたが、
傷寒論の理論には驚かされています。

しかし、傷寒論は難しい理論ではありません。

実用医学の理論です。

( ^)o(^ ) シンライ デキマス
例えば、家族の人が夜間に熱を出します。

その時、皆さんは如何されますか?

夜間でも近くの医院に連れて行きますか?

それとも救急車を呼びますか?

風邪かどうかは分かりませんが、
売薬の風邪薬を直ぐに飲ませますか?

(^_-)-☆ イロイロ アルネ!
熱に対して売薬の風邪薬

病院での解熱剤や消炎剤、抗生物質

胃薬などを与えてしまえば、

それは簡単なように見えますが、

これらの薬物は熱を下げるだけではなく、

身体の内臓に影響を与えているのです。

(>_<) カラダノ ナカガ
普段から内臓が丈夫な人ならば

余り影響が無いのでしょうが、

多くの人は身体に影響があるのです。

この薬で視力を失った人や

過敏症やアレルギーに成った人もおられます。

症状が出なくても、

変化の少ない副作用として便秘や下痢や
浮腫みなども起こしています。

これらの症状からも身を守る為には
自然治癒力を高めた方が良いのが分っていますが、

それに気が付かないのです。

もしも、皆さんならば、

家族が夜間に発熱を見たときは、

どうされていますか?
スポンサーサイト

コメント

Secret

横着な性格のせい?

「熱は無理に下げないほうがいい」と思っているので、39度を超えていても、眠れるようなら放置です。(痙攣でも起きれば別でしょうが、まだそんな状況が訪れたことはありません)

たまに氷枕を使うこともあります。
発熱にともなって、足が冷える時には湯たんぽを。
我が家は、氷枕よりも湯たんぽの登場回数が断然多いです。

時々、「放置は危険かな?」と思うこともありますが、運よくまだ誰も救急搬送になった家族はおりません。・・・大丈夫かな?

No title

私も生後3ヶ月で発熱、下熱剤を打たれて、その夜から
酷いアトピーになった1人です。
今でもそのアトピーに悩まされています。
西洋医学の薬は、怖いですね。
今の私なら、夜中の高熱だったら、麻黄湯を飲ませるかな~?
或いは、水分を充分与えて、そのまま様子を見ます。
鍼を嫌がらなければ、表位の散針をします。
以前、息子がインフルエンザに罹った時は、水分摂取とひたすらの散針だけで、巧く熱を下げる事が出来ました。
同時に、発汗が無ければ、巧い治療とは言えませんが、
旨く発汗して解熱してくれたので、鍼灸師としては、満足です。

紅ちどり さんへ

紅さんの家も凄いですね。
ユーモアのある回答をありがとうございました。
もしも、横着な性格ならば、売薬で済ませます。
家族の事を大事にと思われたのでしょう。

我が家も5人家族でしたが、
病院も行かないで未だに全員生きています。(笑)

私は氷枕を使わないようにしております。
また、湯たんぽは良いですね。見事に発汗いたしますね。
湯たんぽは理想的で良いのですが・・・大変で~
今は電気あんかを手軽に愛用しております。

上手に発汗を促せば、殆どの熱は安全に下がりますが、
発汗してはいけない熱もあります。
気を付けないといかません。
それには病人の観察が決めてです。
発汗の理由の話を進めて行きますので宜しくお願い致します。

白い月の風さんへ

凄い経験をお持ちだったのですね!
真夜中の発熱はお母さん方には大変な出来事です。
知識が無いと、何をして良いかあせりますね。

でも、ご自分の息子さんに治療して治されたのは良かったです。
腕を挙げましたね。イロイロな経験が役立ちます。
鍼は北方で開発されたので発汗は難しいです。
白い月の風さんもよく頑張りました。
これは当に母の愛情ですね。

反対に湯液は南方ですから発汗を上手に使っていますね。
しかし、発汗の扱いは難しいです、
多くても危険だし、後の処理もあります。
発汗させては駄目な熱も有るんが大変です。

うぅーん

これは、私とオットでいつも意見が対立する所ですね。
オットは、アスピリンとか風邪薬を即!というタイプ。
私自身なら、39度までなら放置です。
ひたすら水を飲んで、汗をかいて、パジャマを着替えて下がるのを待つんですけど。。先生の返信コメントをよんで、「え、発汗が良くない?教えて下さい〜!」と待っております。

No title

わたしは熱がきちんと上がってくるまでは様子を見て、上がってきたら布団や湯たんぽで保温、温かいポカリで対処します
自分自身にはそれが最適ってわかってますけれど、家族となるとまた熱の原因や体質が違うと思うのでどうしたよいかわからなくなるかもしれません…
先日風邪をひいて鼻水が止まらず葛根湯加川芎辛夷を飲んでみたらぞくぞくして怠くてたまらなくなりました
鼻水は止まりそのうち治っていったのですが、怠さと寒気がなかなかつらかったです!

Kay さんへ

>ごめんなさい。説明の不足で申し訳ありません。
発汗が良くないのではないのですが、
これは病人の体質によるのです。
この体質と発汗の仕方と症状により発汗不可がありますので、
また、発汗の仕方が少し違ってきます。
これらは簡単な鑑別方法がありますので、
これから順次説明したいと思います。

ちなみに、本人の治療法は今まで体得した方法ですから、
本人は一番良い方法を選択している事が多いのです。
しかし、直ぐにアスピリンや感冒薬は危険ですね。
合衆国でも解熱剤投与するのに、
副作用防止の面から発熱してから3日待つようにしたら、
事故が激減したと聞いております。
やはり、強い薬物の扱いは危険ですね。

小鳥 さんへ

人により風邪の引き方がイロイロありますので、
夫々の対処法があります。
岡本師匠は桂枝湯が一番だと言っていました。
体質的にこれが一番会っていたのでしょう。

傷寒論はこの理論が確りしているのには驚きです。
これが実用的な医学と言えるのではと思います。
うかつに飲んだ漢方薬も証が違っていると、
小鳥さんは大変辛い事になりましたね。
でも良い経験と思って、家族の健康を管理する意味でも、
これからも勉強に取り組んで下さい。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR