24)太陽病(2)桂枝湯

2013/04/30 Tue

傷寒論(24)太陽病(2)桂枝湯

連休を楽しまれていますか?

すっかり春になりました。

今は、店先ではニラや新玉ネギが出てきました。

ニラレバ炒めは春の食べ物ですが、
このネギ類は健康に良いと言われています。
( ^)o(^ ) カオリガ ツヨイデス。

例えば、
血液の循環を良くする。

ニラ等を食べると身体が温まるので、
風邪の予防や冷え性が改善される。

ビタミンB1の吸収を高めるので、
体内での糖の分解が促進される。

肉類などから栄養素を効率よく
体内に蓄積するよう働く作用がある。

以上から疲労回復や精力増強にも効果的があそうです。
( ^)o(^ ) ゲンキモ デマス。

これらの作用はニラ類に含まれている
これは、このニラの匂に特徴があります。

硫化ジアリルまたはジアリルスルフィドという物質だそうです。

豚肉にも合いますね。

東洋医学ではこの匂うのを気とも言います。

狭義では陽性の気がこの揮発物質です。

この揮発物質は身体に不思議な働きをします。
(^_-)-☆ キホンデス。

太陽病の基本薬物は桂枝湯です。

この桂枝湯に色々な薬物を加えて発展しています。

葛根湯も桂枝湯に葛根と麻黄を加えているのです。

この桂枝ですが、弱い発汗剤です。

少し発汗させて、病気の邪気を退散させる作戦です。

だが、少しの発汗です。

患者の表を補って、少しだけ発汗させるのがコツです。

これに熱いお粥を一緒にたべます。

身体が温まるのです。

しかし、ネギや肉麺などを食べてはいけません。

強い発汗は好ましくないのです。
(^ム^) ハッカンノ チガイハ。

ここで問題です。
この桂枝湯には使う時期があります。

これが重要なことなのです。

我々は風邪を引くと、発刊をすれば解熱すると言う考えで、
多く発汗しようと致します。

これが駄目なのです。

多く発汗しても大丈夫な人と、
危険な人が居るのです。

それは体力が強い人は発汗に耐えます。

しかし、弱い人はこれには耐えられません。
(>_<) ツライデス~
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR