スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経絡序(5)証の決定

2013/06/13 Thu

経絡治療序(5)証のマトメ

また、鹿児島からお土産が届きました。
沢庵1

絶品の沢庵です~
( ^)o(^ )ヤッター

よく漬かって味は最高です。
噛めば香りと深い味わいがあります。

パリ、パリという音も良いです。
発酵食品は美味しいですよね~

手間隙を掛ければ旨くなるのでしょう。
(^_-)-☆ テマヒマ

東洋医学も手を掛けましょう。

証の決定の必要な手順は、
患者の全体の観察が必要です。

診断は望診から聞診・問診・切診を行うことで、
痛い部位の局所ではなく、

診断も治療も身体全体を行うのです。
(*^。^*) ゼンタイデスー

診断名は臓腑を冠した病名が付けられます。

特に陰蔵の名前を付けます。

それは陰主陽従との理由によるものです。
(#^.^#) ワタシニ シタガッテー


例えば患者が、膝が痛いと訴えます。

我々も膝も診ますが、
先ずは身体全体を観察するのです。 

それは身体の熱感の状態、
脈の状態、舌の状態、

腹部や背部の状態など、
身体全体を観察します。
(^_-)-☆ ソレハー


患者が今は何処に気血や熱が偏っているのか、
体力の虚実がどの様な状態なのかを観察します。
(^_-)-☆ ジツワー

患者の多くは実している部分の痛みや
引きつれや硬結を我々によく訴えます。 


虚している部分は違和感程度で、
殆ど症状として感知しないのです。


だから、実部分を訴えて来るのです。 
痛みの多くは陽経の実証ですが、

この訴えた実証の症状から、
虚証の経絡を探すのは大変な努力と経験が要ります。


よって患者自身が診断しても難しいと言う事なのです。
(^_-)-☆ キヲツケテー


病人を観察しますと、
実しているその裏に、

特に陰経の虚している部分があるので、
これを診断いたします。  

我々は病名を付ける為にも、
この虚している部分を探さないといけないのです。
(^_-)-☆ レキシノ カゲニモ

 
それは虚の臓を見つけて初めて病名が付くからです。

 これらは一つの儀式のようなものです。

練習すれば簡単にできます。

よって、経絡治療は虚証を中心にした
治療法と言っても過言ではありません。
(^_-)-☆ ハンザイノ カゲニモ


病気の本質は蔵にあり、
陽の腑は臓に従うと考えられるのです。

 腑に現れた症状は、
臓の不調が波及した結果と考えています。

よって治療は、陰である蔵を主体としています。
例えば、肝虚胆実証などです。

( ^)o(^ ) マトメルトー

①患者が訴える多くの症状は、実証の部分が現れています。

②虚証の部分は症状がハッキリと現れていないのです。

③診断名=臓腑を冠した病名での治療を行われます。

次回は東洋医学の特徴的な切診について。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

カピパラ先生
鹿児島の沢庵?って?
「ツボ漬け」のことですかぁ?
自分が触診されていて感じることは、
虚している箇所は触られると痛いですが、
痛みは継続しませんし、
日常生活ではたしかに痛みらしいものは感じませんね。
でも実しているところは、
触られている後から痛みが続くので、
私は触れられるのがいやですねぇ。
痛みは証の中の症状のひとつで、
それだけが病気ではないということですね。
患者さんには、
「全体を拝見いたしますね。」
とおことわりをしてから触診をするようにしています。
思い込みをしないようにとは想っても、
いつも診ている患者さんですと、
(この人がこの証になるはずがない)
なんていうこともありますね。
そんなときは、証がなかなか決められなくなります。
(ヒヤアセ、ガックリ)
こちらは真夏日が続いていましたが、
ここは火曜日に雨の予報が出ています。
適度な雨でありますように。
関東も空梅雨のようですが、
給水制限にならないでほしいものです。

おうめちゃんへ

鹿児島の沢庵の「ツボ漬け」は有名ですが、
新しい味の麦味噌浸けです。
前回皆さんで食べた漬物です。

痛みを発している所は実が多いのです。
私も背中から上腕が痛み次々と前腕の小腸経に
最後は誰かに噛まれてもいない、小指がいたみだし、
小腸経の治療ばかりしていると夜中に痛み出し不眠でした。

これが皆さんに診断されて、
肝虚証と痛みも違和感も無い大腸経の治療をすると
これが的中~~
その夜から痛みがほぼ消えました( ^)o(^ )
助かりました~

やはり、自分での診断は痛みが中心になりますので、
誤診につながりますね。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。