スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(3)腎虚症の切経

2013/07/11 Thu

経絡治療(3)腎虚症の切経

本格的に暑くなってまいりました。

暑くなると心の働きが多くなるので、
苦い食品が欲しくなります。

飲み物といえばビールですね。

我が家の愛飲の銘柄です。
サッポロ

このサッポロビールは
あっさりして美味しいですね。

しかし、スーパーや酒屋であまり扱っていません。

先日、発見して、早速買い込みました。

これで当分は大丈夫です。


東洋医学では苦は心に入ります。 

苦みは心を栄養するので、
夏には苦味が必要です。

元気になり、力がみなぎります。

しかしですよ。
この苦味の適量は良いのですが、

古典では余りに過剰に取りすぎると…
苦味は骨に浸透しやすい為に、

骨の病には多食を禁じています。

また早老にもなるのです。

多食して、早く老けてしまったり、
骨の病にはなりたくありませんね。

また、皮膚にも働いていますので、
皮膚にも良いのですが、

苦味を過食すれば、
皮膚が乾燥して、
さらに体毛が抜けるのです。
(^^ゞ タイオンガー

いくら身体に良いと言っても、
過剰な摂取は気をつけなければいけません。

写真の真中のミルクは那須塩原のミルクです。
コクが有って、美味しいミルクのです~
( ^)o(^ ) カショクハ キケン

130702.jpg
どう?
私、これ似合う?


今回は腎虚証の背診断と手足の診断に入ります。

背部では後頚部から肩甲間部の緊張があります。

肩甲間部腎

太い線が緊張の筋を示します。

これが腎虚症の肩こりですが、
多くは肺経の変動があるからです。

このコリは肩甲骨の中間部に広がっています。

治療は後程述べますが、
決して後頚部は触れてはいけません。
((+_+)) ドオシテー


頚部の治療は後で更に悪化させるからです。
施術者によっては、
今、コリや痛みを取れれば良いじゃないか!
といわれますが、
患者さんの将来を考えると
決して良い事ではありません。

続いて脊柱起立筋の緊張が続いています。
腎虚の腰

更に弱腰部分の硬結圧痛が現われますが、
この部分の圧迫や治療も避けてください。

黒い●の所が硬結部位です。

専門学校の生徒が面白い名前を付けました。
「腰椎横突起巨大証」
これはグットネーミングでした。(笑)

それはこれらの硬結は内部の反射で起きているのです。

よって症状も疲れ腰なので、
内部から鈍い痛みを訴えるのです。

鋭い痛みは他の証の場合が多いのです。

よって腰痛は全て腎虚証ではありません。
(^_-)-☆ ナールホド


それを腰の体表部からいくら治療しても
患部には刺激が届きません。

足首の内顆付近の治療で十分に緩みます。
次回はこの施術部位を紹介します。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

初孫ちゃん、おめでとうございます♫
毎日、ウキウキですね!
成長日記、楽しみにしてますね。
*\(^o^)/*

リンクありがとうございました!
経絡?の勉強もさせていただきます。
頑張りマッスル!
_φ(・_・


うめや珈琲

うめや珈琲さん お祝いの言葉をありがとうございます。

孫は可愛いものですね~
毎日が、ウキウキしております。

リンクありがとうございました。
私もワンちゃんが大好きでしが、
家では飼えません。
そちらのブログで楽しませて貰いますので
宜しくお願い致します。

No title

おめでとうございます。
とうとう、本当のおじいちゃんになられましたね。
もうすでに「じじバカ」ぶりが見え隠れされているようですね。(笑い)
現代は祖父母のいる子供は恵まれている子供だと想っております。
存分に「じじバカ」ぶりを発揮してください。(ニッコリ)
腹診は何度でも聞いて復習したいことのひとつです。
時々、お腹にだまされますので…。
自分のお腹をさわって確認できますしね。
さて、今日の私のお腹はなにかなぁ?
また、腹診を発見(?)して、体系づけた先人の医療者たちの研究と努力に
感謝いたします。

おうめちゃんへ

ありがと~ございます~~エへへ。
本当のおじいちゃんになられました~

しかし「じじ」と言われるのはね~
よって「オンジ」と呼ばせる事にしました(笑)

今も夜の沐浴が終わりました。
明日の朝も沐浴で、日に2回です。

娘は3時間おきに乳を飲ませています。
家族全員でバックアップ体制です。

腹診は日本で発展しました。
しかし、本当の腹診の仕方は難しいです。
本だけでは伝えるのは難しいですね。
実技が必要です。

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。