経絡按摩 肺の治療(2)

2013/09/04 Wed

経絡 肺の治療(2)

肺の「少気」の話しを書きました。

この少気の状態を実験するには、

短いホースを口にくわえて

呼吸をしてみてください。


苦しくなり、とても長時間は続けられません。

少気とは、これが起きているのです。
(@_@;) クルシー

この少気が起きている人は、

運動すれば息が弾み、苦しくなり、

動きが自然に少なくなります。

これを改善するのには、

呼吸筋と肩の筋肉を緩めます。


この肩の周りの緊張を取るには、

ズバリ、肺経を使うのです。


呼吸さえ十分にできれば、

気の一部である酸素が身体に入り、

十分に身体が燃えてくるのです。

身体が燃えれば順調な活動が起こります。
)^o^(「 モエマスー


しかし、この肺経は腎虚の時と

肺虚の時に流れが違うのです。

その違いは前腕で現れています。



前回は図だけで胸の部分を現わしたので

一支国さんのコメントを貰い気が付きました。

今回は文章でも説明いたしたいと思います。
m(__)m ゴメンナサイ


ブログもコメントを見てから進めていますので、

質問や疑問がありましたら遠慮なく書いてください。


治療では先ずは胸からです。

経絡は鎖骨の下部を流れます。

重要な事は腋窩に流れる所です。
肺経胸2
赤い線が肺経です。

胸骨から鎖骨に沿って

肋骨の間からとすべて腋窩に向かいます。

又は肋間をも通ります。

この時、指を少し立てて、

軽擦を胸骨から腋窩に向かわせます。

ユックリと軽く何回も行います。

女性の場合は胸までも行かないで

鎖骨の下だけでも十分でしょう。


三角筋の前縁に小指球で圧迫揉捏もして下さい。

この部分は顔面の循環を回復させるのです。

顔の循環障害である浮腫みや目の隈、

白内障、緑内障、一部の耳鳴り難聴の改善になります。

顔を直接に施術する必要がありません。
(=_=) カオハ ダメ


顔に刺激を与えてもリンパは流れません。

直ぐに戻るからです。

また顔の刺激は湿疹やメラニン色素の沈着を招きます。

顔は触る必要がないのです。

しかも顔を触ると疲れますので避けてください。
(+_+) キガ ノボリ マス
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんばんは。
姫様、スクスクとご成長ですね(^^)
前回のお乳のお話、目からウロコでした!

さてさて。こちらは寒くなってます~。
関東の方は竜巻の被害など出ていますが、
先生のところは大丈夫ですか?
各地で大雨も降っていて心配ですね。
こちらも雨続きで・・やっと回復するようですが
土砂崩れや、掛け干しされた稲が浸かってしまったところもあるようです。
しばらく雨はいらないです~(>_<)

先生。経絡の詳しい解説を有難うございます m(_ _)m
少気の例えのお話(ホースのお話)はビックリです!
私は鎖骨の下を触ると痛いです~(泣)
顔の循環障害もOKですね☆
治療に使いたいと思います(^^)
ありがとうございます♪

一支国 さんへ

舞姫は実家に戻って参ります。
九州は豪雨で大変でしたね。
竜巻は見たと言う人に何人か会いました。
凄い状況だったそうです。
私は周りが一瞬にして暗くなった程度です。
被害に遭われた方々は大変でしたようです。

私は鎖骨の下を触ると痛いとは!
早く治療をして下さい。
呼吸も楽に成りますよ。

No title

いあんさん。


みりもの件でコメントありがとうございます。

みりもが旅立ってから、ほとんど食べ物を口にできず、喘息症状も起こってしまいました。

精神的ショックなんでしょうか?

こころとからだはつながっていると聞いていますし、私もカウンセリングの中で体験しました。

やっとお葬式も終わり、頑張れという声に励まされています。

これから自分を大切にしないといけないなと思います。

イアンさん、ありがとうございました。

ぴよこまめ さんへ

その通りですね。

これから生きて行く自分を大切にして下さい。

No title

イアンさん。

ご心配おかけしました。

しばらくはブログ無理かなと思っていたのですが、

皆さんの励ましで、復活することができました。

これまで引きこもっていた私にとって、唯一社会とのつながりともいえるこのブログ。

読んでくださるみなさまに感謝。

自分ではしょーもないこと書いてるなと思っているのですが

読んでくださる方が一人でもいてくださるだけで、書き続けようと、思いました。


本当にありがとうございます。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR