スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経絡按摩 肺の治療(3)

2013/09/12 Thu

経絡按摩 肺の治療(3)

前回は胸に流れる肺経の流れを説明しました。

今の肺経の経絡は三角筋に登りますが、
これは駄目です。

三角筋には登りません

後世の人が考えた幻想です。(笑)

古典に戻ってください。

経絡は自然の川の流れと同じものですので、

高い丘(肩の三角筋)には登りません。
肺経胸1


アクまでも三角筋の前縁を腋窩(エキカ)に向かいます。

腋窩は体液の流れに重要なポイントです。
(^_-)-☆ エキカヲ ジュウヨシ。


ここの治療は腋窩まで軽擦(ケイサツ・軽く撫でる)を行います。
肺経按摩3

この治療は顔のリンパや静脈の流れを良くするようです。

それは下流の滞りを取り除けば、

上流の滞りが除けるのと同じです。


よって、眼の循環も良いので

白内障や緑内障にも使えるのです。


勿論、眼の下の隈にも効果があります。

この次は上腕の治療ですが、

二頭筋を圧迫や軽擦は致しません。


痛いだけですので止めてください。
無駄です。
(^_-)-☆ ジョウワンノ アッパク キンシ

二頭筋の軽い把握揉捏か単なる把握が良いのです。

軽い把握揉捏が肺経の気を流します。

肘窩からは腎虚証に時と肺虚証の時の
肺経の流れが変わってきます。

そこで、あん摩でも術者の手を変えるのです。

今週火曜日にあん摩研究会で指導したのですが、
この手を変える所が上手く伝わらなかったので、

次回再度肺経をして、
問題の三焦経と膀胱経(背中)の練習とすることになりました。

今回の実技も大変だったのは、

皆さん先に進みたくて人の話を聞いていないのです。

気持ちは分かるのですがね~、
(^_-)-☆ ヒトノ ハナシヲ キイテー


基本が出来なくては治療にはなりません。

腎虚証の時の肺経の基本は

肘窩の一番陥凹部分から

長掌筋の母指側を行います。

コツは腱を押し当てるようにするのです。
肺経按摩2
2本の内の内側を治療しています。

例えば右手の治療の場合は左手を使います。

長掌筋を尺側がわに押すようにして母指のほうに向かいます。
肺経按摩1


肺虚証の時は経絡の流れが違いますのです。

大腸経(橈骨の上)にまで行きます。

肺経按摩

その時の手の状態です。

2本の内の外側を治療しています。
これは肺虚証の時に説明いたします。
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんばんは

随分むかしに祖父が、「按摩は、ヘタな人にやってもらうと、体がとても疲れる」と申しておりました。
そうか。。人間の体の中の気の流れがあるのだがらと、今更のように理解できました。

さて、治療が左がわだったら右手を使うのは、ちょっとびっくりです。自分でマッサージする時は、使える手を動かすわけですが。人に施す時にも、関係があるのですね。
知れば知る程、奥が深い。。。で、ちょっとずつですが驚きから「そうか〜」「え?」「どうして」「ふ〜ん」とかわってきました。これは進歩というより、混乱というかんじです。(苦笑)

No title

こんばんは。
関東は台風接近のようですが・・

そうですか~手を変えるんですね。
腱を押し当てるように・・なるほど~!
勉強になりましたぁ♪

Kayさんへ

経絡按摩は力を入れません。
筋肉を直接治療をしないのです。
よって、患者に対しては負担がないので、疲れることはありません。
昔はこの方法が有ったのですが、
最近は筋肉を対象に考えるようになり、
患者が疲れてくるし、施術者も疲れるのです。

按摩が上手な人はこれを自然に体得して行き、
治療効果の上がる方法を身に付いていったのです。
自分が疲れない方法は、患者さんにも疲れない方法なのです。

施術は力が要りません。方法を変えれば良いのです。

一支国 さんへ

月曜日に関東を台風通るようですので、
早々に戸締りをして、自宅に帰りました。

治療は決して力を入れないで下さい。
軽く腱を押し当てるようにすれば、これが刺激に成って行くのです。

「証」により、肺経の経絡の流れが違いますから気を付けて下さい。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。