三焦経(2)

2013/10/09 Wed

三焦経(2)

精神面と身体の筋肉を緩めてくれる三焦経です。

やっと写真が送れました。

モデルは専門学校の研修生の手です。

学校を卒業して研修2年目の人で

腕も上がっております。

十分に経絡治療も熟せています。
三焦経2
この図は数年前の三焦経の図です。

このように橈骨と尺骨の内縁と行ったり来たりでした。

三焦経3
これが現在では前腕の伸筋群の上を走行しています。

一見して簡単で良い様に見えますが、

これでは酷過ぎます。

筋肉の上を治療しなくてはいけません。

筋肉を治療してはダメです。

効果はありません。

痛いだけです。

痛いのが好きな人は効いた気が致しますが、

病人では参ってしまいます。

術者の方も力を入れないといけないので大変です。


三焦経は本来2本と考えるべきです。
三焦経1
人差し指からのと、薬指からの2本です。

筋肉を緩める理由の一つに、

腰痛と頸の寝違いの治療点が手の甲にあります。


こしの筋肉を緩めて腰痛を治してくれるのは

腰腿点です。

手の図    腰腿点         落枕穴(第2・第3)
 陽池穴     ↓          ↓(中渚穴)
   手根側 ○―――――中手骨本体―――――○ 指先側


この経穴で腰の筋肉が緩み腰痛が治りと言われています。

腰の筋肉が緩めばエビゾリやスクワットで鍛えれば、

頑固な腰痛が治ります。

勿論、椎間板ヘルニアも戻ります。

時間が掛かりますが筋肉を緩める事です。


落枕穴は寝違いです。

首の寝違いも色々あります。

自動車のバックが見られないものから、

動かしても痛くて、頭痛にまで発展するのもあります

これらは首の筋肉の緊張から来ているのです。

これらが手の甲で緩むと言うのです。


またこの部分の刺激で、

気持ちが落ち着きます。

エ~と思われますが、

興奮した人を落ち着かせるには、

強く抱きしめられない時は、

この手の甲を擦って挙げて下さい。

意外に落ち着いてくれるのです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。
腰痛と寝違えが手の甲でよくなるのは不思議だなぁと思ったものです。
こんなに便利な経絡を使わない手はないですね(^^)
三焦経は色んな働きがあって面白いです!

天高く馬肥ゆる・・今日は秋晴れの良いお天気です。
私も肥ゆる?(笑)味覚の秋です♪

一支国 さんへ

味覚の秋ですね~栗ご飯が食べたい~~♪

三焦経は色々な働きが有ります。
一番はリンパの働きです。
これが動けば病気の治りも早いのです。

一支国さんも使って下さい。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR