スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節外の気候

2013/11/04 Mon

前回の第四日曜日の勉強会の補足を

このブログでしたいと思います。

それは時期外れの気候変動のための病気です。

これを「時行の寒疫」と言います。

(原文)
凡時行者 春時応暖而反大寒

(訓読)
凡そ時行の者は、春の時に暖に応すべきも反って大いに寒す。

(井案)
時候という物は冬から段々と暖かくなります。

ところが、春の時期に暖かくなるはずが

思はぬ程の寒い風が吹いたり致します。

これは危険なのです。

((+_+)) キセツガイデス。

女性に多いのが不思議ですが、

男性も見かけました。

春の時期に突然に腰痛で起きられなくなる時があります。

本人は原因が分かりません。

((+_+)) アタリマエデス

これは身体が春に対応して、毛穴は開いているのに、

夕方に寒い風に当たったのが原因とされています。

病院に行けばレ線検査と鎮痛薬とお決まりのシップ薬です。

((+_+)) テイバンデス

冷えから来ているのに冷やしてはいけません。

この治療は簡単です。

足の胆経の下腿部分の治療です。

お灸ならば腰ではなく足の甲の足臨泣が良いと思います。

足の治療で腰痛が治る?信じられない~

ではありません。

((+_+)) シンジラレナイーハ キョヒシセイデス

現に各治療院で腰の治療を受けて来られても

足先だけで治って帰られます。

原因は腰ではなく季節外れの外気の影響なのです。

これが各季節にあるので次回は夏を続けます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

イアンさん

確かにおっしゃる通り、溜息の時は身体が暑いです。

身体がシンドイ時が一番多いですね。

先生に相談してみます。

家庭内崩はまぬがれなければ・・・。

主人の広いこころで保ってます。

ぴょこまめ さんへ

それが良いですね。

自分の体調の変動は他人には分らない事が多いですので、

相談されたほうが良いと思います。

心の広いご主人ばかり甘えられないですからね~。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。