服のお披露目

2013/11/17 Sun

祖母の手編みの服を持って、

先日、舞姫の本を訪問しました。

あれ~、また来たの?

と初めは不審な顔の舞姫です。

DCIM0184 1311

今日も泣いてやるかな!てな感じです。


祖母の手編みの服です。

半袖のを試着中

DCIM0182 1311

舞姫「オンジ似合う?」

オンジ「少し大きいのかな?」

次は袖無しのを着ました。

DCIM0186 1311

やっとオンジの膝椅子に座りポーズです。

早速ですが、着て散歩

1時間は揺れるので眠い~と睡眠中でしたが、

1時間も過ぎると、外が気になり、

短い亀の首を出すように、外を伺っています。

DCIM0189 1311


何処に連れて行くの~早く家に帰ろう~

家に帰ると、1時間以上の散歩で疲れて、また寝ます。

この際、何処でも寝れます~

DCIM0190 1311

オンジの腕の中です。

結局、寝てばかりの舞姫でした。

舞姫は軽い風邪を引いていたので、

早速、小児鍼のつもりで、踵をマッサージです。

足先ではなく、踵(かかと)が重要です。

子供は踵が冷たいと、気が逆上せます。

顔ばかりが熱くなり、発熱と間違えたり、

反対に首から熱がドンドンと発散して、

身体全体が冷えてしまい、

本当の風邪を引く結果になります。

これを防止するには、

先ずはこれからの季節は帽子を被らせる。

襟巻きとする。

足を暖めるのと、服は少し薄くする。

この服を薄くするのは、発汗させないためです。

もしも、発汗すれば、身体全体が冷えて、体温が下がります。

これを間違えて、服を厚くすると逆に発汗を促します。

足が冷たければ踵(かかと)の内側を揉んであげれば暖まります。

これは眠る時に暖かくなるようなものです。

愚図る時も、疳の虫の時も同じ治療法です。

鍼灸師は小児の治療での診察の注意点は

1.母指球と診る。

2.心下部を触診する。

3。踵を握ってみる
事を忘れないで下さい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

一針・一針
心のこもった素敵な愛情ですね^^
一番あったかいプレゼント

手作りが一番の愛情(^^)v
色白の舞姫ちゃんお似合いよ^^

じぃじも舞姫ちゃんの寝顔を見たら
疲れも吹っ飛びますね^^

母ちゃんも癒しを頂き
元気モリモリ^^

風邪お大事に^^

デコマルさんへ

ご心配をありがとうございます。

舞姫も元気に成ったようです。

赤ちゃんのプリンプリンした肌は良いですね。

この肌が大きくなっても持続してくれないのでしょうかね~

また、逢いに行きたいです~
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR