脈の見方 自然治癒力能力№3

2014/09/02 Tue

 脈の見方 自然治癒力能力№3

9月に入りましたね~早い!

正月まで4ヶ月もあります。

冬に備えて脂肪を蓄えるのは今です。

よって、

ダイエットは無理な状態に身体は出来ております。

皆さん無駄な抵抗を止めて、

秋の味覚を楽しもうではありませんか。

(^○^) ワッハハ…


前回の脈の見方が間違えていました

誰~も、指摘は無かったのですが、

(指摘さなかったのは、真剣に見てくれていない~)

教室の皆さん全員破門いたします(笑)


もう一度前回の写真を見てください。

小指が立てなくて、小指が脈に触れている??

これは違いました。

マグカップを物時も小指は立てるでしょう!

脈を診るには、次指と中指と薬指の三本です。

ここにお詫びと訂正を致します。

I m(__)m ゴメン ナサイ


小指は他の時に使います。

弱そうで強いのです。


正式には患者の脈を診る体勢です。

DCIM0143脈診

このようにして左右の脈差を検脈致します。


免疫力の続きを始めます。

身体が最初に抵抗をするのは、

体表部に邪(病の原因)が来たと感じます。

これが寒気(さむけ)とも言われています。

一般には

細菌やウイルスに侵された初期に起こります。


体温の上昇を助けるのですが、

更に熱の生産を促すために筋肉を細かく震わせます。

これは寒さを嫌がる意味で悪寒と云います。

悪寒(おかん)または寒気(さむけ)です。

身体の表の症状を意味しているので

表証と云います。


寒気が起きるのは

これだけではありません。

病の初めには多く出現するのです。


これが問題なのです。

例えば食中毒による刺激、

広範囲のやけどや放射線などの物理的な刺激、

薬物などの化学的な刺激

これらも悪寒をともなう高熱が出ることがあります。

また、悪性腫瘍(癌)や膠原(こうげん)病でも

悪寒をともなう高熱を起こすことがあります。


更に…

精神的な嫌なことが起きても起こります。

細菌やウイルスに汚染された食べ物や飲み物を

摂取することによって下痢や吐き気、

嘔吐、発熱などの食中毒症状を起こします。


細菌やウイルス感染で発熱にともなって

どれも悪寒を感じることがあります。

例を挙げると限がありませんね

(*^。^*) タイヘンダー

このように色々な病気の初めに起こることが多いのです。

悪寒(おかん)または寒気(さむけ)が起きた時は

気血は外側に集まっているとされます。

例えば、胃潰瘍、胃癌など内臓から起きた病気があると致します。

現実は身体の内側に反応すべきですが、

これも初めは外側に反応いたします。

これは身体の勘違いなのです。


この外に向かっている防衛隊の気血を

暫時、内部に向かわせるのが、

我々の治療なのです。


内臓癌の患者さんはこれが多いのです。

普通の人ならば内部に気血が入って

癌を駆逐するのですが、

気血を体表面に集めていると、

身体の内部の癌が増殖してくるのです。


気血を身体の中に入れれば、

癌と戦ってくれるのが、

体表面に集まっているので、

身体の中は空っぽで、

本当の病気に対応しておりません。


何故に、気血を体表面に集めて仕舞うのでしょうか?

それは、普段の精神的なストレスが

気血を体表面に集めてしまうのです。

さらに睡眠不足、冷飲、重労働も起こります。

自律神経の失調も加わります。


気血を体内に入れるには、

証によって違いますが、

腎虚証ならば足の然谷穴や復溜穴のお灸が良いでしょう。

就寝前に1~2個の温灸でこれは解決いたします。


その前に自分の脈が浮いているかどうかを

診察して下さい。

そこで脈は浮いているだけではありません。

緊張している場合があるのです。


緊張とは何か?

交感神経が興奮状態なのです。

この事は次回に触れます。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

イアンさん おはようございます
前回から、良く解らないのが「脈が浮く」という感じ
それが解らなければ、脈診ってできませんよね^^;

健康に良いとされることを取り入れていけば良いのは
解ってるんですけど・・・中々出来ないでいます^^;
少しずつ改善して行こうと思います。

mamaさんへ

大丈夫ですよ~
「脈が浮く」という感じは自分の脈を観ていると、ある日突然に分かります。
その時は脈に数を数えてはいけません。
脈を強く押したり、軽く浮かせたりするうちに分かります。
これが有ると、自分の気血の働いている場所が分かるのです。
浮いた脈の取り方を後に解説致します。
実は浮いた脈の取り方は脈を強く押して取るのです。
真逆と思われますが、これがコツなのです。
頑張って着いて来て下さい~一流の脈診家に成りましょう~v-91

No title

ただいまです^^
無事帰ってきました。

まだブログは落ち着いてからですが
元気です( ^^) _U~~

免疫力低下かストレスか
更新ヘルペス出来まくりです( ;∀;)
今夜からお灸開始しなくちゃ^^

デコマルさんへ

お帰るなさい~(*^_^*)
無事の帰還おめでとうございます。

心と身体のストレスが大きかったのでしょう。
これからは免疫力をアップする事を考えて下さい。

お互いに頑張りましょう~♪

No title

脈診の仕方自然治癒能力3を読みながら「小指?」なんてかいてあったかなぁ?」と
脈の診方自然治癒能力2」を再度聞き返したが書いていない?
また脈診のしかた3を読んだら「写真」が小指を一緒に添えた構図になっていたんですね!
それじゃぁ、土曜会のメンバーはほとんどがわからなかったと思いますね。
中指関節を前腕茎状突起に合わせてという文章を聞きながら自分の脈をとってみたりして楽しみました(?笑い)
自分の脈も要所要所で変わるのでおもしろいです。
脈が自律神経の支配を感じたのは、
ある患者さんの脈が、その日に浮いて太く強く感じたのでしたが、ちょっとするとスゥーとした感じで沈んでいつもの脈に戻りました。
その時治療室では相撲中継で、その患者さんのごひいき力士の取組でした。
脈が沈んだのは、ごひいき力士が勝ったからでした。
また、「おかん」や「寒き」という言葉は体調を崩したときのはじめによく口にしますね。
「背中がゾクゾクしたと思ったら風で熱が出始めたよ」なんていいますね。
ばくちで当たりが続くと同じように背中がゾクゾクするらしいですよ。(笑い)

今はさかんに「デング熱」が報道されていますね。致死率は低いとはいえ、かかった人の話を聞くと「かからないに越したことはない。」と思います。
それと最近の日本人は「蚊」が病原菌を運ぶ昆虫だということを忘れているのでは?
と感じました。
刺されたらかゆいぐらいしかかんがえていなくなったのかなぁ?
昭和生まれのおうめちゃんは「日本脳炎」と「コガタアカイエカ」の名前はしっかり脳細胞にきざみつけられていますね。
カピパラ先生、お体ご自愛くださいませというより、外出には長袖に虫よけスプレーをわすれないでくださいませ。なんて書いているうちに体が痒くなってきました。(ポリポリ)

カピパラ先生へ。

おうめちゃんへ

申し訳ありません。
土曜の会には謝りたいと思います。

これは写真の問題でした。
モデルが素人の人で国リハの事務の人ですので、
脈の事が分かりません。
撮影したのが私ですが、この指に気が付きませんでした。
要するに本を正せば間違えてのは私ですね(笑)

朝日新聞社も「慰安婦問題報道」で謝ったのですから、
私もここで謝りたいと思います。

でもさ~世界中に日本人は異常だ~を宣伝した、あの国は
ダンマリノ状態ですね。
あの国も謝って貰いたいですね。

毎日自分の脈を観て観察が必要ですね。
これから季節が変わるから、変化が楽しいですよ。

患者さんの脈も随分と変わります。
来院された時、治療中、治療後と刻刻と変わります。
楽しいですね。

「デング熱」も何十年ぶりの流行ですから、
医者も分かりませんよね!

治療院の前は竹藪ですから、
毎日蚊取り線香を焚いていますよ~

「日本脳炎」の「コガタアカイエカ」は有名ですね。
師匠は日本人は熱が出ると頭を冷やすので
脳細胞が熱で炎症を起こすのだ~と何時も言っていました。

確かにこれはその通りですね~
子供の汗は自分で治しているのですがね~
自然に治ろうとするのを、止めているようなものです。
日本医療の一般的常識は非常識ですよね~
これ何処かで聞いたことあるよね(笑)
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR