スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮脈とは

2014/09/18 Thu

免疫をマイ吉と考えますと、

DCIM0155.jpg

後ろには日本のイージス艦がかすかに見えます。

今は体内で免疫マイ吉はウロウロしております。

ここはヴェルニー公園です。

DCIM0153.jpg

後ろの軍艦はアメリカのイージス艦です。

桟橋の海側を身体の外側としますと、

海からの刺激が起これば、

マイ吉は海側に向かいます。

外側の刺激は温度などの変化ですが、

アトピーも風邪も外に変化があるのです。



内側に刺激が起こると、

マイ吉は内に向かいます。

内側の刺激は飲食物や精神的な問題です。

カフェレストラン コルセールです。

DCIM0151.jpg


これがここの名物ハンバーグです。

DCIM0149.jpg


横の野菜を載せて、大口開けてパクリと食べます。

日本の物と違い、かなり大きいですね。

Kayさんのブログでも分かりますが、

アメリカとの違いは、ポテトの量が少ないです。

あちらはポテトが別皿の大皿に山盛り!ですからね~

この様な美味しい物があれば、

内側に免疫は向かいます。


よって、癌細胞に対しては、

免疫は内側に向いてもらいたいのですが、

まぜか、初期の段階では外側に向くのです。


私の免疫達

馬鹿か!あほか!間抜けか!

と言いたいでしょうが、

身体の変化があれば、

外に向かうようにインプットされているのです。


この免疫の勘違いを

内側に入れるのが手足の治療になります。

症状は脈が浮いているのです

これを見つけて治療をするのです。

脈が浮くと表の症状が現れています。

例えば

頭痛、のぼせ、顔の火照り、発汗

肩こり、首の痛み(特に後ろ側)後頭部の凝り感、

どれも表証と云います。

これらの症状は普段から経験があると思います。


その通りです。

この様な症状で、自分を治しているのです。

汗をかくのも治している症状です。


発汗は自分が自然に治している症状です。

身体に熱がこもる事を防止して、

自然に解熱しているのです。

運動をした後に脈を診てください。

浮いて強い脈を打っています。


身体の免疫機能も立派です。

でも…

いつも邪は外からとは限らないのです。

これが問題なのです。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

楽しそうに歩いてるv-10
かわいい盛りですねv-343
じいじ、子守り楽しいねv-509

うめや珈琲さんへ

実に孫は可愛いですね~v-290
連れて歩くのが楽しいです。
しかし、余りダッコしたがらないのが不思議です。
もう自立心が芽生えたか!
おむつも取れていないのにね~(笑)

先日、南越谷にて隣りに座っていたものです^_^お久しぶりにお話出来て嬉しかったです(^o^)/
ブログ教えてもらい、ありがとうございます(^ ^)カワイイお孫さんの写真を見ながら、お勉強させてもらいます(>_<)♪

ひろみ先生へ

コメントをありがとうございました。
記事内には疑問な所がありますので、
コメントで指摘をお願いします。
先生の現代医学からの見解も頼もしいです。
私も勉強をさせてください。

痒い時の脈は?

おはようございます。カピパラ先生。
おうめちゃんです。
私の免疫はバカか?まぬけか?などの文章を読んで思わず、
「私の免疫は反応しすぎでぇーす!!」と返事をいたしました。
稲刈りの時期は、細かい稲のくず(わらくずともいうかな?)が空中にただよっていますので、それが目やにや鼻水や皮膚表面のむず痒さになっています。
先日、北千住に行ったときはぴたりとこの症状が止まりました。
これは外からの刺激ですね。
ああ失敗しちゃいました。症状の強い時に脈を診ていればよかったでしたね。
多分いつもよりは、浮いた脈になっていたのではないでしょうか?
痒みの強い時はそれどころじゃなくて…、ああ失敗!!
脈を診るのはおもしろいですが、難しい。指の位置がちょっとずれただけでも違ってしまうし、思い込みや先入観(この人はいつもこんな脈だから。)を持ったりすると、キチンと診れなくなりますね。

余談ですけど、
20日(土曜日)に北千住のパン屋さんで買ったカレーパン(辛い方)は、
中に肉がゴロッと一個入っていて、びっくりです!!
美味しくて食べごたえがありましたので、10月も買ってかい離まぁーす。

「おいしい!!」と思いながら食事をしたら脈は?
浮いて強くなりますかしら?(興奮しているから。)
では失礼いたします。
カピパラ先生へ。

おうめちゃんへ

新潟は稲刈りの粉塵で皮膚表面が痒い!
大変ですね。
こちらはPM2.5が時折ですが、九州は大変なようです。

痒い時の脈は浮いているのでしょうね。
まだ表証に当たると思います。
脈を診るのはおもしろいです。
指の位置がちょっとずれただけでも違ってしまう事も多々あります。
一番厄介なのは思い込みや先入観ですね。

脈を見る時は頭は白紙状態でが良いでしょうね。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。