スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痴呆は水不足

2014/11/01 Sat

今回は急きょ水の不足についてです。

DCIM0213ポテト大好き

マイ吉君は現在、フライドポテトが大好きです。

DCIM0212ポテトちょうだい

フライドポテトを欲しがりますが、塩っ辛いのです。

DCIM0215咽の渇き

食べては盛んに自分の水筒から盛んに水分補給を致します。


老人性の病に痴ほう症または認知症があります。

今や「認知症800万人時代」とも言われています。

両親にも注意をしているのですが、

私もそろそろですね~周りから言われています。

痴ほう症の原因は水分不足からも起きます。

と言えばちょっとオーバーに成りますが、

水分も一因が有ることは確かです。

ヘルプマンの漫画にもこの事が話題になっています。

ヘルプマン25巻

『ヘルプマン』くさか里樹 講談社出版

認知症予防編(第25巻)

内容は、ある元宇宙飛行士のもとに

別居の父親が痴ほう症に成ったとの知らせが入り、

父親を訪ねてみると、そこには現実が存在していた。

認知症の父と一緒に暮らすことになった話です。

認知症講習会で父親の水分不足を指摘されて、

いかにして、父親に水分を取らせるか!

父親の不可思議な行動の意味。

これらが順に理解されてゆく話です。

これは現実に起こり得る話です。

この「ヘルプマン」ですが実際に介護士の現状も指摘されおり、

軽いタッチの描画で高齢者の問題点をわかりやすく、

リアルに描かれているのは、漫画ですが、読み応えがあります。

1巻から読破して下さい。あなたの考えが変わりますよ。


筋肉は水分を多く含んでいるのですが、

歳を取ると筋肉が減少いたします。

これが水分の不足にも拍車を掛けるのです。



講演会に戻ります。

筋肉は動かないと減少いたします。

何故に骨や筋肉は減少するのでしょうか?

それは骨や筋肉は重たいからです。

重力に逆らって運動をしていなければ、

人間は生きて行くのに直接必要がないと

脳が勝手に判断をすれば、次々と処分いたします。


以前の宇宙飛行士は地球に帰還時は、

身体の筋肉や骨が減少して、

まともに歩けないので、椅子で移動しています。

この時の飛行士の骨密度は

一生もとには戻らないそうです。

生きている間は永久に運動をして

筋肉を付ける必要があるのです。

運動は決して裏切りません。

他人ごとではありません。早くgymに通って下さい。

私は家でスクワットしています~~~
スポンサーサイト

コメント

Secret

聞くと見るとは大違い!

聞くと見るとは大違い!!を一言。
今回のテーマ:ちほうはみずぶそく。を
おうめちゃんは、
「地方は水不足」と聞きました。おかしいなぁ?
乾燥している地域あったっけかぁ?
と不思議がりながらページを開きました。
「痴呆は水不足」でした。ああ勘違い!!

今回のテーマで思い当たるのが高齢者はあまり水を飲みたがらないということです。
理由は色々あるようですが、とにかく若い時のように咽が渇いた水を飲もうという気持ちが起こりにくいようですね。
女性ですと、トイレが近くなるから嫌だ。という人もいますね。
母は、「だってぇ、咽が乾かないもん。」といってのけます!
しかし、かち割り氷を飴ちゃんのように口に放り込んでしゃぶっていますから良いかぁとは思います。
また、他の方から聞いた、高齢者に水分をとってもらうための工夫いろいろを書きますね。
あるデイサービスでは、回数を多く、コップは小さくして、無理強いはしないということでした。施設についたら一杯、風呂前に一杯、上がったら一杯、食事の時にも傍に水を置いておき、おやつの時も一杯。水でお腹がいっぱいにならないようにしているそうです。
話せば理解してくださるが、水を飲むのをしぶる人に、(トイレが近くなるからいやがる方だそうです。)へは、お水を飲んでおかないと本当に病院行きになりますよ。
自分ちのトイレに行くのと、病院に行くのとどっちがいいですかぁ?と言ったそうです。熱中症で病院にかつぎこまれるニュースをよく聞いている時期でしたので理解していただけたとのことでした。
また、介護事業所では、利用者の中で一人ブラシでクーラーのない人や、使いたがらない人や、水分不足になりやすい人は、要注意人物だそうで訪問時にはいつもと変わりないかなどを気をつけているそうですね。
もうひとつのお話の筋肉と骨ですね。
ひとりで散歩やジム通いは危険が伴いますので、家の中での運動になりますね。
以前、ハイハイに挑戦したりしまして、その他に、歯みがきの時に片足たちの運動をしています。
たまたまラジオで骨粗しょう症のはなしを聞いていた時に紹介していた運動でした。
おうめちゃんは、一回の歯ミガキに5分位なので、それが一日3回ですから、
5分掛ける3回で、15分の時間は確保です。(笑い)
11年ほど前にこちらに来た時に、日本海側の高齢者は雪解けの時期に骨折が多いという記事がありまして、寒い間は運動量が少なくなるのに、暖かくなって動き出したトタンにスッテンコロリンで、ポキッ!!
骨密度も筋肉も減ってしまっていたんでしょうね。
あぁーあくわばらくわばら。
今年の冬は今のところ気温が高いようですが、油断は禁物ですね。
まだ、百舌鳥のはやにえや、カマキリの卵の位置の話題がでていませんので、
積雪量もどっちかなぁ?
では、失礼いたします。
おみょうにち。(手を左右に振る)
カピパラ先生へ。

おうめちゃん。へ

聞くと見るとは大違い!!を柄させてもらいました。
人間は60%は水分でしから
これが不足すれば、大変な事になるのは分かっていますが
老人は筋肉が無いので50%だそうです。
子供も同じで、小児の死亡の多くは水分不足
ちなみに高齢者は肺炎だそうです。

「地方は水不足」には笑えました。
福岡は水不足で味も悪いです~
福岡ではミネラルウオーターを買っていました。
東京のように水道水をそのままゴクゴク飲めません。
ネパールでは高熱下痢で苦しみました。

日本は水では幸せですね~~
先日盛岡に手で触れる博物館に行ってきました。
凄いです~感激でした。
視力障害者の為の博物館でも、
実際に我々も触れてみて、感激ものでした。
この様な博物館も良いですね~
見るよりも触れるのが一番です~~
外国ならば思考に賛同されて寄付が集まるのではないでしょうか。
ここは視力障害者ならば入館できます。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。