スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞くと見るとは大違い!

2014/11/06 Thu

聞くと見るとは大違い!

コメントの表題を早速引用しました(笑)

手でみる博物館 桜井記念館

奈良の宝物殿公開で、

出品された龍骨!

よりも大っきい~~(*^0^*)

DCIM0244歯の化石

龍骨とは漢方薬で動物の化石です。

これはマンモスの下顎の歯の化石です。

これが手で触れるのにはビックリです。

写真を撮る手も震えてる~

漢方薬をやっていると欲しい~一品です。

これが目の前にドテーンと横たわっているのです。

感激で気が遠くなる~これー使いたい~



DCIM0243ミンクひげ

大きな掃除道具のほうきのようですが、

ミンククジラのひげです。

実際は上顎の口蓋部にある

皮膚が変化した器官だそうで、

ヒゲクジラの中では小さいクジラですが

この大きさです。


ヒゲクジラ類はオキアミを濾過して

捕食を行う動物です。

鯨ひげはその際に用いる

フィルターとして発達したのです。

組成は皮膚の角質組織と同じケラチン物質で、

最大で300枚程度が生えているそうです。

1枚の鯨ひげは、

内側に髭が生えて細長い三角形の板状の器官です。


DCIM0239環椎

マッコウクジラの首の骨(第一頸椎の環椎)

次は首の第二頸椎の軸椎ですが、

DCIM0240マッコウ第二頸椎

他の動物と違うのは突起が小さいのに驚きました。

この理由は、

首を動かす必要が無いから退化したのです。


DCIM0242マッコウの肩関節

肩関節です。


歯鯨の先祖古代クジラの歯の化石

DCIM0245古代ざめ

歯の表面がチエンソーのようにギザギザが付いていました。

ここは盛岡の「手でみる博物館」桜井記念館です。

国リハから5時半にマイクロバスで出発。

東北道をひたすら盛岡に向けて

博物館まで8時間を掛けて550キロを走破

桜井先生が自らの出向かいを受けて

15名が講義と観察をさせてもらいました。


手で触れられる博物館には驚かれたと思います。

普通の博物館ではケースに収まって、

手で触れるとはもってのほかです。

ここの博物館は先ずは手で触ってです。

桜井先生は「百聞は一見にしかず。」で

この博物館を私費で立ちあげました。


「生命」のコーナーには、

ほかに数多くの動物の剥製類などがあります。

サメ類では、ヨシキリザメ、

シュモクザメの雌雄の剥製があります。

オスのライオンです。

桜井先生が食べられそうです。

DCIM0246桜井先生

ハクチョウが止めに入っています。


世界最大の亀のオサガメの剥製もありました。

これ程の資料は私財を掛けて収集されたのです。

これを視力障害者の為に無料で展示璃ています。

先生は癌の治療のために廃館するところを

後継者の人が後を受け継いで開館されていました。


桜井先生には感謝です。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

触ってみたい~~

冬将軍がやってきてま~す(>_<)先生、お元気ですか?

手で触れられる博物館なんて、ありがたいですね。
これら全部、私費ですか!!素晴らしい~
触って観察するのが一番です。人の身体も(^^)
使わないものは退化していきますよね~頭使って運動しなきゃ!

一支国さんへ

寒いですね~朝が辛いです~
早い冬将軍がやってきましたね~
私は毎週のように鍼治療を受けていますので元気です。

手で触れられる博物館は素晴らしいです~
全てが私費で、コツコツ集められたそうです。
これだけを集めるのは大変な事ですね~唯感心するばかりです。

あの竜骨は良いですね~私も欲しいです~
感激ものでした。
また、機会が有れば行ってみkたいです~
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。