スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脾虚証のはじめに

2015/02/05 Thu

再「脾虚証」1.はじめに

1年前に脾虚証を始めていましたが、

20回の話で流れが変わってしまい、

それ以来の脾虚証の話になります。

よって、初めから話したいと思います。


顧みれば腎虚証の話が長かったです。

腎虚証とは昔はお爺さんお婆さんと言った、

お年寄りの証でした。

症状は寝ても疲れが取れない。

何時も肩こりを起こしている。

腰が重くて、身体に力が入らない。

足が冷えて寝付けない。

時に立ちくらみが起きる。

と老人の状態です。

大病の後や疲労が重なってもこれが起きます。


最近は寒いですね。

マイ吉が玄関先で雪団子を持っています。

IMG_3922.jpg

腎虚証ではこれは耐えられません。

IMG_3921.jpg

手足が冷たくて、顔が火照るのも腎虚証が多いです。

立春です。

豆まきの後で大豆が気に入って食べるマイ吉です。

DCIM3651豆

マイ吉は福娘に成ってくれるのか。

期待です。


よって、今回から気分一新で

脾虚証を攻めたいと思います。

先ずは脾虚証とはどのような人々かです。


これは以前に書いたのですが、

復習と訂正をしたいと思います。

【ご婦人の多くは「脾虚証」です。

これは女性ホルモンの関係もあるのでしょう。】

これを訂正します。

「脾虚証」の多くはご婦人です。

時に男性にも脾虚証が在るからです。


東洋医学の基本的な考え方は

「自然と人の調和」にあります。

自然界の変化と人間の内部は同じ変化を現します。


人には橈骨動脈を寸口の脈として、

全身の状態を診られる場所があります。

これは便利です。

手首の動脈で気血の状態が手に取るようにわかります。

また、治療する鍼の深さや速さや

強弱まで判断ができるのです。


例えば自分の居る室内から、外出したいので、

室外の状況を知りたいと思います。

風が強いのか、穏やかか?

雨が降っているか、晴れているのか?

寒いのか温かいのか?


皆さんはどうされますか?

テレビやラジオを付ける必要がありません。

自分の居る窓から外を見ます。

通行人の服装で温暖が分かります。

傘をさしているかで雨が分かります。

木々の揺れで風の強さが分かります。


これと同じで、

身体の外から人体の内部を知るには、

手首の脈を診る事で分かるのです。


不思議だと思われますが、

脈は身体の自律神経を現しているのです。

よって、脈には色々な種類があるのですが、

これは後ほどにして、

今は簡単な基礎的な話を致します。


手首の脈とは橈骨動脈です。

この橈骨動脈を手首から

寸口、関上、尺中の三部に分けます。

寸口は人間の頭から横隔膜を現します。

関上は人間の横隔膜から臍付近までを現します。

尺中は人間の臍以下足までを現します。


この様に人間を上、中、下の三部に分けます。


この腎虚証の原因の多くは、

以前にも書きましたが、気血の上昇です。

人間の気血は一定量と考えます。

気が上昇すれば下部や内蔵が空っぽで、

頭や表面に気血が集まります。

図では

  頭や体表部に集まる。

   ↑↑↑

  身体の気血の上昇


この状態は外部からの刺激には対応できますが、

内部(内蔵)の変化には対応が難しいのです。

よって、腎虚証の人は

免疫系、ホルモン系、生殖系には弱いのです。


脾虚証の人の気血は反対に上部には集まらず、

下部に集まるのです。


図では

上部と中部の一部の
 気血の下降

  ↓↓↓

 骨盤部や身体の深い位置に
 気血は集まり、活動する。


この利点は免疫系が確りしますので、

がん細胞が出来てもNK細胞が処理してくれます。

腹の据わった肝っ玉母さんのようです。

しかし、脾虚証にも悪い点もあるのです。

それは体表や頭の気血が少ないからです。


では急ぎ体表部の気血を増やせば良いと思われますが、

気血とは作用と思えば良いので、

増やせば全体に行き渡る事はありません。


例えば、広いお屋敷を掃除すると考えます。

広過ぎて全部の掃除は無理ですね。

一番汚れた目立つ部分を掃除致します。


よって、隠れた部分は手を抜きます。

我々治療家は当にこの隠れた部分を

見つけ出して集中的に治療をしているのです。

狭い部分の掃除は見事に綺麗になります。


全体的な汚れはこの部分的汚れの延長だと思えば、

全体も自然に綺麗に成ってゆくのです。


最後に一つ、東洋医学の「脾」は

現在の「脾臓」とは異種なものです。

ほんの一部ですが、

東洋医学の世界を紹介したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

Secret

東洋医学と西洋医学は、一見違うように見えても、人間の体からのフィードバック&アプローチなので、同じ理論に帰結するんですねー。
なんだか不思議なような、納得なような。

更新待ってました!

あれあれ?さっき地味に作っていたコメントが、、反映されていないようなので、再度チャレンジ!マイ吉さんのかわいらしさに気が緩んでいたら、ちょっと難しかったかもー…😓憧れの脾虚!そっかぁ。じょせに多いのですね。そして。たくましそうですね。納得。早く腎虚から抜け出したい~!
ブログ楽しみにお待ちしておりますよ!

Re: タイトルなし

東洋医学も西洋医学も人の体調を整えて、
もとの健康状態にするのは同じですが、
これを自分が変えてやると考えてしますと、
とんでもない事になります。

重要な事は
患者さんが自分で治せるように手伝い素すく事です。

神山とっとさんへ

おうえんありがとう。
説明文においては、
難しい文章は、作者が理解していないのに通じます。
良く理解すれば易しい文章になります。
よって、ドンドンと指摘して下さい。
宜しくお願いいたします。

No title

ブログが更新されていて嬉しいです。
こちらはまたもや暴風雪です。
気分が滅入ります。これだけでも腎虚症になりそうです。(笑い)
マイ吉ちゃんの写真がとれたのですね。
子供は雪遊びが好きですね。子供には雪の中を、
駈けずり回り、転げまわり遊んでほしいと思います。
自分も子供の頃は、雪が降ると嬉しかったですが、今はもううんざりです。
降ってもいいから、次の日は青空になってよ~と文句を言ってます。
脾虚証の人は雪の中もなんのその。
さっさっと雪掻きなんて終わらせちゃおう!というイメージがあります。
先生もブログに書いてありましたように、「肝っ玉かあさん」の印象ですね。

男性もこんな印象なのでしょうか「男のおばさん」と言っていたのは永六輔氏だったでしょうか?
相変わらず先生のたとえ話はおもしろいですね。
年々、わかりやすくなってきています。
自然現象や日常生活の中からたとえを話されると自分も体験していることですからイメージしやすいですね。
私も務めていたころの社員教育で、「専門用語を使ってばかりで商品説明をしないように。わかりやすい言葉を使うように、それには自分自身がそれを理解していることです。」と教育(?)されました。
ですので先生の説明は自分の勉強に必要だからということと表現方法に興味津々なのです。
しっかりと拝読いたします。

おうめちゃん。へ

信越地方は大雪で大変ですね。
除雪でも大変で腰に来るでしょうね。

しかも、太陽が顔を出さないので、気分が滅入りますね。
確かに腎虚症になりそうです。(笑)

子供もワンちゃんも雪が好きですね。
雪の中を飛び回っています。

私も子供のころは竹スキーで遊びました。
あの頃は遊びが人生でした。
懐かしいです。

これからもブログを宜しくお願いいたします。
いつもコメントをありがとう。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。