脾虚証の治療は大都穴から開始

2015/03/01 Sun

人の末梢神経には

意志で働く運動神経

無意識で働く自律神経があります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は人を活動させるのに働き、

貯蔵物質をエネルギーに変えたりする働きです。


副交感神経は人を休ませたり

栄養を貯蔵したりする働きがありますので、

内臓神経とも言われます。

IMG_4044苺
マイ吉君大きなイチゴを頬張っています。

両手にイチゴを持っています。

10個以上食べたそうです。

私がイチゴを食べる行為は

手や体を動かして随意ですので、運動神経です。

IMG_4046苺

マイ吉は私にとっては自律神経です。

自分で勝手に動いて確り食べています。


再脾虚証 皮膚の境目

脾経の治療部位が問題です。

経絡は

足の先端ですから、痛そうですね。

しかし、刺入時に気を付ければ大丈夫です。

それは治療場所を選定すれば良いのです。

それが皮膚の境目なのです。

経脈編の古典に入ります。

(本文)指の内側、白肉の際を循り、

(井案)
脾経は足の第1指の外側から始まりました。

経絡は白肉の際を巡ります。

白肉(はくにく)の際(きわ)とは何でしょうか?

この白肉とは皮膚の境目の赤白の際とも言われます。

足の表の皮と足底の皮の境目の事です。

表の皮には小さな毛穴や毛が生えています。

足の裏の皮には色白で毛がありません。

これは同じ表皮でも質が違います。

この境目が重要なポイントになるのです。

このポイントを外すと良い刺激になりません。

経絡治療は痛くない治療です。


それは鍼先が皮膚表面に触れるだけで、


皮膚内には刺入しないからです。


しかし、刺激は最大限必要なのです。

この刺激が手足の先や関節や赤白の際が有効なのです。

足の裏の皮膚に鍼を入れると痛いのです。

よって、足裏はマッサージが有効なのです。


黒人ではこの境目が色で分かり易いのですが、

黄色人種や白人では表の皮は毛穴で分かります。

足裏の皮は少し色が薄く、毛穴がありません。

しかし、判断が難しい人は目安があります。


脾経の場合ですが、

この皮膚の境目の下には中足骨があるのです。

よって、

取穴する時は中足骨の側面の上に当たればよいのです。

取穴の時は骨を外さないようにして下さい。

よって、鍼は骨の直ぐ下に打つ事になりますが、

皮膚に触れるだけで良いのです。


他には、皮膚の境目には重要な穴あります。

脾経、腎経、膀胱経には

この皮膚の境目には重要な穴が存在します。 

これを外すと本来の良い刺激が伝わりません。

これも気を付けなければなりません。


現代の経穴の多くはこの皮膚の境目を外して、

足の裏の皮膚に集まっています。

刺鍼では足の裏の皮膚では痛いばかりです。

よって、足の裏はマッサージが良いのです。


ここには大都穴という重要な穴があります。

DCIM3668足脾経

足の骨を書いてみました。

一番右側の赤い点です。

大都(だいと)穴

性格は栄火穴(えいかけつ)で、

脾経の母に当たる火の穴です。

木(肝)⇒火(心)⇒土(脾)⇒金(肺)⇒水(腎)

これは助ける関係や相生関係と言います。

前が「親」で後ろが「子」です。

心経が母で脾経が子になります。

取穴は第一中足指節関節に後方から前に向かって

指先から突き当てて取穴します。

勿論のこと、骨の上です。

DCIM3662脾経

右から2番目の赤い印です(大都穴)


作用は発汗作用が有り、胃腸の実熱を治します。

中足指節関節の前の大都穴は

脾虚の時は反応が現れる穴です。

脾虚証の治療の時は最初に刺鍼する穴なのです。


心臓痛にも使われます。

この心臓痛は東洋医学では胃心痛と言われています。

症状はお腹が張って、

お腹から突き上げるような痛みが心臓に起こるのです。

この時にこの大都穴と次の太白穴を使えば、

この胸痛は治るのです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

句読点のように差し込まれる、マイ吉君の話題、毎回楽しみにしております。
確かに子供は自律神経ですね 笑

へー!

女の子はいちごが大好き🍓うちの姪っ子も、人のを奪ってでも食べたい。うちの息子は奪われても気付かずに、ぼんやりしています。心配です。足の裏は敏感です。私は、いつも足の裏にお灸をします。大変なところに治療のポイントがあるんですねぇ。やり方なんですね。なるほど!という感じでした。失礼しました。

おっとさんへ

ありがとうございます。
モデル不在で、当分はマイ吉を借ります(笑)

とっと さんへ

日本の苺は美味しいとの評判ですね。
日本に居る女の子は幸せです~。

長男は少しオットリ型が多いのです。
それで良いのですから心配いりません。

ぼんやりでなくて、おっとりです。
人は個性がありますので、
他人と比べたりしない事です。

足の裏は敏感ですので、鍼はいたしません。
治療のポイントは数々ありますので、
手荒に扱わないでください。

No title

マイ吉ちゃんも苺が大好きですかぁ。
日本人は苺が大好き民族なんですかねぇ
今ではおらが村の特産苺がたくさん出回っています。
おうめちゃんの住んでいるところでも「越後姫」という名前の苺がありまして、
あちらこちらでハウスを見かけます。

脾経の刺鍼での「白肉の際」は最初は本当に取れませんでした。
視力のあるころの記憶ではたしかに表皮の感じが違うのはわかるのですが、
いざ触れて境目は「微妙」
ちょっとズレると自分でやっても「痛い!!」
ですから取穴のポイントは「骨」と教えていただいた時は、
目が点状態で、なぁんだぁそうなんだぁと目からうろこ!!でした。
足の裏はマッサージが良いということでマッサージつながりの事件のはなしですが、
全国版ニュースになりましたのでご存じだと思います。
あん摩マッサージ指圧師の資格のない女が、アトピーやダウン症が良くなると言って
乳幼児に施術をして死亡させた事件です。
ニュース番組を聞いただけですけど、乳児のッ首をもむなんてとても私は壊れそうでできません。
大人でもうつ伏せになって腰の部分を押されたら苦しくなる人もいるのですから、
赤ちゃんにそれをしたのかと思うと背筋が寒くなってきました。
小児への施術はほとんどが軽い軽擦で十分な刺激になると思いますが、いかがでしょうか?
勉強や臨床経験不足などになったら自分も自己を起こすのでは?と寒気がした事件です。

また、今日から冬の気候に逆戻りです。ちょっと前には春めいてきていたんですのに、残念。
啓蟄も過ぎましたが、虫さん達はまだ目覚めてまた眠りについてしまったようですね
(笑い)

おうめちゃんへ

ニュースになりましたネ
あん摩マッサージ指圧師の資格のない女性が、

乳児の首を治療して死亡させました。
悲惨な事件でした。

彼女も最初は丁寧に軽く治療したのでしょうか、
医学的知識が無いのと、

治療効果を上げようとして、力が入って行ったのでしょう。
強い刺激は治療にはなりません。

強刺激は術者(治療者)の自己満足です。
患者は侵害刺激で拒否します。

特に肩や首の治療は危険です。
なるべく避けるべきです。

治療の経験不足で、治療院を開設するのも危険です。
医療は経験が必要です。
卓上の知識だけでは危ないですね。

こんにちは

お姫様は、ずいぶん大きなイチゴもたべれるようになったのですね。子供のころ、イチゴ狩りで食べ過ぎて(当時は、どれだけでも食べられたらしいです!?)、お腹をこわしたこともあります。はい、昔から。食い意地のはった子だったようです。
近くで「全身マッサージ」「肩の揉みほぐし」の看板を見て、おもわず惹きつけられましたが、先生のブログを思い出して「いかん!』と、そそくさと店の前から逃げました。
ゆったりじんわり、の効きが忘れられません。

Kay さんへ

本当に子供は苺が大好きですね♪
今はトマトにはまって居まして、最初にトマトばかり食べて
主食に移った時はお腹が一杯で食べれません(笑)

本来の治療は手足が中心ですが、
「全身マッサージ」「肩の揉みほぐし」
は局所の肩を中心に治療してしまうので、
後で更に凝って来ます。

これを標治療法と言って、
その場限りの治療法ですので、その場の気分だけで治るので
本当に治ったとは言えません。

よく思い留まって頂きました。
足のお灸でユックリ健康な身体を作って下さい。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR