絡脈の続き

2015/04/23 Thu

今回は絡脈の続きです。

絡脈は本経から絡穴から別れて別のルートが有るのでした。

この絡脈が逆上せが起きたら、霍亂(かくらん)が起きました。

絡脈が実すればからです。

(古典)

実すれば、則ち腸中、切痛し、

絡脈が実すると、

腸を切られる様に痛む、

これは凄いです。

私には経験がありませんが、

胃液が漏れる胃穿孔や

腸が嵌頓して動かなくなる

腸閉塞の痛みは実にこれに当たると思われます。

 この疾患の腹部X線検査では、

腸閉塞に場合は腸管ガス拡張像、

鏡面像(上方にガス像、下方に腸管内液による水平面を形成)

が特徴的な所見です。

 胃穿孔は横隔膜下部に空気映像が現れます。

どれも患者を立位で腹部X線撮影を行いますが、

患者は痛みの為に立っていられない程です。

この痛みは経験したくはないですね。

 腸閉塞は鍼の治療で発作を抑える事が出来ます。

原因は分かりませんが、

自律神経と関わりが有るからです。

胃穿孔は症状が出てしまえば開腹手術しかありませんが、

胃や十二指腸潰瘍を改善すれば腸に穴が開きません。

胃・十二指腸潰瘍は精神的に疲れから生じる事が多いので、

普段から身体を労わる事です。

次は虚したらです。

(古典)

虛すれば、則ち鼓脹(こちょう)す。

これを別るる所に取る也。鼓腸とは何かの原因でガスが腹部に蓄積し、

このガスが移動する時にゴロゴロと鳴ったりします。

その為に不快感を感じたり、音で周りを気にしたり、

腹部の膨満感及び軽い腹痛を生じるますが、

症状を現さない人も居られます。

原因の多くは神経質から来るものや早食い、

空気の嚥下(呑気症)やまたは便秘で

腸内の発酵が進んだりして、胃や腸に空気が溜まるそうです。

急性腹膜炎や腸閉塞(イレウス)などに起因するものは

突然の腹部に激痛を伴います。

 これらの治療は別れる所の

公孫穴で治療が出来るのだ、と言うのです。

マイ吉も春の大掃除です。
IMG_4414絨毯

身体も体液が巡って冬から溜めていた

老廃物を排泄いたします。

IMG_4415絨毯

絨毯をめくって行きます。

IMG_4416カーペット

最後にはそこに入りたい雰囲気です。

IMG_4422カーペット6

段々と目的が変わって来ました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR