繆刺論篇第63-1

2015/11/02 Mon

繆刺論篇第63-1.

May吉も大きく成りました。
今では言っている事が分かります。

仕草もチョコマカとかわいらしいです。

IMG_4867.jpg
写真は公園で無心に料理の実習中です。

コツコツと学習して行くのでしょうね~
心配なのは、標準よりも小さいのです。

我が家の家系は大きく産んで、小さく育てるそうです。
ジジとしては可愛くて良いのですが、

育てる方は心配なのですね~ご苦労さまです。

今回から古典に入ります。
古典と言っても難しくありません。

素問と言う、鍼灸の古典です。
この繆刺編63とは病の邪気が

本経(肝経や腎経や肺経など)に
在るのではなく、少し浅い絡に在るのです。

だから、今までと違った治療法を行わないと
病気は治りません。

症状を聞くと、
意外に身近な病気ですので、驚かれると思います。

今まで治療院に掛かっても治らないで
皆さんを長い間、苦しめた病気も有るかも知れません。

これから一つ一つを解説したいと思います。

本来の外邪(病気の原因)は体表から侵入して、
体表面の孫絡(そんらく)に宿ります。

次に絡脈(らくみゃく)に侵入します。
次に経絡(けいらく)を犯します。

最後は藏府(ぞうふ)を破るのです。

図に描けば
外邪⇒体表⇒孫絡⇒絡脈⇒経絡⇒臓腑の順に犯されるのです。

1445154069184 Hallo ween
写真はマイ吉の小悪魔ハロウィンです。

今までの治療では、侵入してきた部位の
絡脈か経脈を治療すれば良かったのですが、

今回の治療法は違うのです。
邪が絡脈で止まって、

内部の経絡に入れないのです。
よって、これを奇病と言います。

奇病と言っても、特殊な病気ではありません。
治療法が異なるだけで一般的な病気です。

この病気は診断が必要ないのです。
症状だけで治療ができるのです。

簡単で誰にでも使えて良いです。
ライフハックに使えるかもしれませんね。

原文を紹介します。
(原文の訓読)

邪(じゃ)足の少陰之絡(しょういんのらく)に客(きゃく)すれば.

人をして卒(にわか)に心痛(しんつう)暴脹(ぼうちょう)し.胸脇支滿(きょうきょうしまん)せしむ.

積(しゃく)無き者は.然骨之(ねんこつの)前を刺して.血を出だす.

食頃(しょくけい)如(ばかり)にして已(い)ゆ.

已(い)えざれば.左は右を取り.右は左を取る.

病(やまい)新(あらた)に発(はつ)する者は.取ること五日にして已(い)ゆ.


(井案)
外邪が足の少陰の絡に停滞した時は、

人は、突然に心が痛み、お腹がパンパンに張り、
胸脇支満(季肋部が苦しい)を起こしたりします。

季肋部とは肋骨の下縁部です。
この症状は経絡治療の肝虚証に近いですね。

街に出るとビール腹の人が居ますねー
衝き出たお腹を抱えて、汗出しています。

あのお腹は脂肪と思っておられるが
決して脂肪だけではありません。

お腹は、前に突き出ているではありませんか。
脂肪だけでは前には出ません。

仮に脂肪であれば下に、デレーッと下がるはず。
俗に言えば、三段腹となります。

腹圧がお腹を押し出しているのです。
足の治療をすれば突然に凹みます。

しかも、一か所です。
その前に症状の説明をします。

ここでは何故か?
心臓が痛くなるのかです。

それは、この腹圧が関係してきます。

DCIM4076.jpg
腹圧が心臓を圧迫している図です。

腹圧が心臓を圧迫しますと心臓は
陰圧の方向に逃げると云うか

押しやられるのです。
陰圧とは肺臓です。

しかし、心臓も上部は血管で固定されているので、
横に寝るような苦しい姿勢になるのです。

これでは普段は立っている心臓は
腹圧の為に圧迫されて、

心臓の栄養血管の冠状動脈や心筋の動きに影響が出て
痛みとして現れます。それは心臓の悲鳴です。

これが胸部の違和感から痛みと進むのです。
積(しゃく)とは、お腹に硬結ですが、

これは専門家ではないと触れられませんが、
在っても効果が現れます。

この時は足の内踝の前部に在る
舟状骨の前を治療すればよいのです。

DCIM4080前然骨
写真は前然骨の部位を示しています。

ただ、この部位の治療だけで
突然にお腹は緩み凹むのです。

次回は何故この現象が起きるのか
足の治療をするのかを解説いたします。

ちなみに、肥満対策に
群馬ちゃんがお薦めします。

DCIM4064ココナッツ
今流行りココナツオイル
これって、何故効くのでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

お久しぶりのまいちゃん!ハロウィンですか~♪

今回から絡に在る病気のお話なんですね。
繆刺って何だろう、難しそうって思いましたけど、
簡単な治療法なんですね!
症状で治療ができて診断がいらないのは助かります~(^^)
1ヶ所、浅い治療でいいんでしょうか。

この治療でないと治らない病気があるんですね。
解説、是非お願いします m(_ _)m
繆刺論、楽しみです♪

何故お腹が凹むのか、教えてくださ~い。


p.s.写真の解説、大変助かっています(^^)

一支国さんへ

関東は何故か?ハロウィンです~♪
外国のお祭りが好きですね(笑)

町では魔女の円錐帽子を被った人が歩いていたそうです。

今回から時々 治療の話を入れたいと思います。
鍼の治療は簡単ですが、理屈を知ればもっと簡単です。

症状で治療ができるのは、特効穴ですので、
こればかり頼らないで、確りと診断をして下さい~(^^)

この治療でないと、治らない病気があるんですよね。
経絡治療で症状が残った時はこの絡脈の病気です。
是非、お使いすださい~

繆刺論、と絡脈病の症状と治療点の違いを列記して
ご紹介いたします。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR