繆刺論篇第63-16.もう1本手が欲しい。

2016/05/16 Mon

いつものジョージです。

世界的にもう五月です。

日本では一番過ごしやすいとされています。

誰しも熱いのや寒いのは嫌いですね。

この良い時期に連休も有りますから、

仕事も休み、海外、国内の旅行を

楽しまれた方々も多い事でしょう。

私は時間的には、いつでも行けますので、行きません。

何それ!ですね(笑)

マイ吉君が来ました♡

悩みなく人生を謳歌しております。

山の神と大きな声での言合で、

マイ吉君の「喧嘩しないの!」の一声で、

止まりました(笑)。

公園で芝刈り爺さんをやっています。

DSC_0275.jpg

何故か木の枝を集めて回るのです。

マイ吉君も柴を両手に持っています。

新しい枝を拾うと、前の枝を落とします。

もう1本手が欲しいと言いたそうです。

今回は手首の痛みです。

日常は手を使いますから、

痛みが出れば仕事にも差し支えます。

しかし、結構これで悩んでいられる人が多いのです。

使い過ぎと言われても、使わざるをえません。

もう1本手が有れば…とは行きません。

千手観音は良いですね~

手が千本も持っています。

そこで、今回はこれの治療法です。

古典では

邪が手の前腕や手掌の付近に取り付いたら~

現実には親指の付け根

手の掌の関節付近です。

一般的には指の腱鞘炎、弾発指、ばね指の類です。

ピアノ指のドケルバンもそうですね。

しかし、

痛い部位は治療してはいけません。

それは治らないからです。

では古典ではどの様に言っているか。

覗いてみましょう。

(訓読)

邪於臂掌(ひしょう)之間に客すれば。

屈するを得ず。

其の踝の後えを刺す。

先指を以って之を按ずるに。

痛むは乃ち之を刺す。


所でジョージです。

「ひしょう」とは手関節や手の掌です。

ここに外邪が入って来たと考えます。

指が曲がらないと言っています。

腱鞘炎が起きているのです。

この治療には

手首の後ろ側を刺すのです。

この後ろとは、前腕部分を指します。

炎症が起きている。

指の痛い部分では無いのです。

これがポイントなのです。

更に治療ポイントは、

術者の指で前腕を圧迫して

痛いと感じる所を探すのです。

ここを治療するのです。

ここで間違えてはいけません。

手を使って痛む指や掌部分では無く、

前腕部分で、圧迫して痛みを感じた部分です。

この圧迫ですが、コツがあります。

指を1本で圧痛を探すのではなく。

DSC_0290.jpg
2~3本を添えて、

圧痛部分を検索するのです。

接触部分を広く取るのがポイントです。



治療部位を発見できれば、

治療法が変っております。

月の満ち欠けで、刺鍼回数を変えるのです。

新月の時は刺激量を少なく、

満月の時は月に向かって「ウオーッ」と吠える。

ではなくて、刺激数を増やすのです。

これがポイントです。

理由は自然界に多々あります。

探してみて下さい。

満月の時身体が充実するし、

新月では身体は虚すのです。

よって、

毎月の1日(新月)には1回刺し、

二日には2回刺す。

と増やして行くのです。

ツボの位置も、

人によって微妙に場所が違ったり、

日によって変わったりもいたします。

そこは適当にお願いいたします。

心理学では、

手首の痛みは、行動が動きづらさを感じた時に起こる。

使い過ぎでない人は、何かの行き詰まりを考えて下さい。

般若心経の「一切皆苦」とは、

この世の営みは全てが、思い通りにならない物で、

色々な苦しみである。という意味です。



もう一つの治療法は

反対側の手で同じ部位を刺激するのです。

痛みが和らぎます。

これは妙手です。
スポンサーサイト

コメント

Secret

お月様と鍼

ジョージ先生、こんにちは!!
手タレのにこちゃん☆です。

マイ吉くん♡は毎回コントみたいですね!!かーわゆいっ!!

新月、満月で鍼の打ち方も変えるのですね!!!おもしろい!!

最近、占星術に興味がありいろいろみてたら、先生のブログにもお月様が出てきて、わーーー♡ってなりました(^^)

シンクロー♡♡♡

No title

私の右手は手根菅症候群ですから
その場所右で言うと人差し指が当る場所かなり痛いです。

ここに灸しようと思います^^
なるほど反対側の刺激デスネべんきょうになります^^

にこちゃん☆さんへ

にこちゃん☆さん、こんにちは。

占星術に興味が有られるのですか!

東洋医学の難経にも月の満ち欠けで手足の治療

開始部位を決めています。

素問も土星や金星などの人体に対する影響を述べています。

地球に与える影響は太陽ばかりでは無いのですね。

占星術を極めて下さい~✌ 楽しみですね。

♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さんへ お仕事大変ですね。

痛いのは分かりますが、痛い部位に手が行くのは自然ですが、

治療は痛い部位を避けて下さい。

治療部位は、手首から離れた、前腕が良いのです。

マドロッコシイと思われますが、これが最適です。

炎症が起きている部位に、更に刺激を与えては、

一時的に良く成ったと思われても、必ず悪化します。

よって、痛い部分を離れて、治療部位を探すのです。

今回はその治療部位が前腕に当たるのです。

若しくは反対の手が良いのと、労宮穴の圧迫が良いと思います。

大切な手ですので、大切に労わって上げて下さい。

No title

早速労宮穴圧迫したら
中指先まで響くほど痛かった(^▽^;)

相当負担になってるようですね
直灸増やします。ありがとうございます

No title

こんにちは~日中は暑くなってきました。
まもなく梅雨に入るんでしょうね。

マイちゃん元気ですね(^^)
子供を観察すると色々勉強になります。


余談ですが、今日私の父の誕生日です。
81歳になりました!
まだまだ元気のようです。


今回のお話・・実は私も最近、手の痛みで困っています。
私の場合、雑巾絞りのしすぎと思います。
(罰ゲームではなく趣味です・・笑)
手のこわばりがあり、手を開くときに痛みがあります。
この場合も前腕部分の治療で改善できるでしょうか?
手根管(腱鞘炎)などは、女性ホルモンの関係もあるようなことを
聞きましたが??、私はまさにその年齢
これから色々不調が出てくるのかな、と思っています。
昨今は紫外線が強いので、
でもしっかりお日様にあたって、カルシウムもとって(笑)

月の満ち欠けと刺鍼の話、とても興味深いです。
人も自然の一部ですね。
この世は無常です。常に変化しています。
無駄な抵抗をせず人生を楽しみましょう~~♪

♪デコ♪さんへ

デコさんは相当の強い痛みですね。

この労宮穴圧迫は

普通の痛みは余り反応が無いのですが、

癌のような、激しい痛みに反応致します。

今回、腱鞘炎の補足を載せますので、参考にして下さい。

キット、痛みから解放される事をお祈り致します。

一支国さんへ

お父様の誕生日、おめでとうございます。

81歳とは、立派です。

私も還暦が過ぎた時は、まだ元気と思っていたのですが、

古希に近づくと体力が衰えて来たのがヒシヒシと感じじられます。

このままでは魏志倭人伝の取材で北九州の旅行も行けそうも有りません。

雑巾絞り過ぎとは!どうしたのですか?

あれも力が要りますが、手首で絞るのではなく、腕全体で絞れば良いのです。

これは雑巾絞りの骨です。手首は固定するだけです。

試してみて下さい。

手のこわばりがと、手を開くときに痛みがあるのは

リューマチを疑いたいですね。

または、指摘の通りに、女性ホルモンの関係もあるのでは!

心配ですね。

三焦経で水分の処理を行ってみては如何でしょうか?

両方に効果が有りますよ。

もし、私が元気に成れば(若返れば)取材旅行の時でもそちらに寄って、診察してみましょう。

だだし、何時に成るのか分かりません(笑)

実はてんとう虫しました~(涙)
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR