スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/05/16 Tue

今年も西武球場のグランドを利用して、
19回の薔薇展が開催されました。
薔薇は本来、良い香りがするものですが、
中には品種改良し過ぎで、本来の香りが失われているようです。
DSC_0671.jpg
西武球場の会場です。
でも…奇麗です。多種多様な薔薇が咲き乱れています。
特にガーデニングが素敵です。
DSC_0664.jpg

宣明五気編の五味に付いて
(訓読)
五味の入る所。
酸は肝(木)に入り。辛は肺(金)に入り。
苦は心(火)に入り。
鹹は腎(水)に入り。甘は脾(土)に入る。
是を五入と謂う。
(井案)
親子関係   相生関係1
強調関係 
今回は土(脾)の性質の甘味です。
甘味は脾を養うが、過剰摂取は脾を傷ります。
甘味は直接に身体のエネルギー源になります。

この為に人類は甘味を非常に好みます。
甘いスイーツは幸せを感じます。
心の緊張も柔らげてくれます。

世界的に砂糖の消費量が非常に多いそうです。
この砂糖は食べている内に甘味に対して麻痺が起こり
更に甘味を求めて、砂糖の量が増えるそうです。

ブドウ糖も強い甘味に当たります。
糖尿病の人は低血糖になると、
直ぐに甘い物(ブドウ糖)を口に入れて、
意識を戻します。

現実は、食べても直ぐにはブドウ糖は吸収されません。
吸収は小腸で行われるからです。

しかし、大人は甘味の刺激が経験的に有るので、
味覚だけで、血中血糖値が、少し上昇するので、
低血糖症で倒れても、口に甘味を入れると、
直ぐに気が戻って来るのです。

また、お汁粉や善栽を甘くしたい時は
皆さんは 塩を少し入れますと 
甘味が強く成るのを経験的に知っています。

これは甘味と塩味は相尅関係で、
お互いに強調しあうのです。
お汁粉では甘味が量的に多いので、
甘味を強く感じるのです。

また同じ甘味も砂糖と蜂蜜は
身体に対しては作用が逆です。

砂糖は身体を冷やし、
蜂蜜、麦飴は温まるので、
子供等がお腹の冷やした時に起こる
下痢に蜂蜜を少量用います。
(1歳半までは使用禁止)

昔、子供が蜂蜜欲しさに、
お腹を壊したと言って来た事が有りました。(笑)

この時は、お腹が冷えているのを確認して下さい。
お腹を直接触れても、お腹の中が冷えているか、
熱が入っているかは分かりません。

確認の仕方は 手の母指球を見れば分かります。
この熱が入っているとは、食中毒を意味しています。

これにより、漢方薬も温める物と
冷やす物と消化管内の水分を吸収する物とで
大きく分けて 3種類有るのです。

代表的な物に
お腹が冷えている時は人参湯(高麗ニンジン)
お腹に熱が有る時は猪苓湯
消化器系が炎症で水分が多く、
吸収されてない時は五苓散となります。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ふむふむ読ませてもらいました
猪苓湯膀胱炎にいいんですよね
眩暈には五苓散

少し覚えました^^
デコは八味地黄丸で膀胱炎の時はねっ

今はドクダミ茶
これからスギナを積んで本格的にスギナ茶作る予定^^

♪デコさんへ

読んで頂いて、申し訳ありません。

眩暈の種類も有りますが、漢方の考え方は
三半規管の浮腫と考えています。

よって、五苓散の様な利尿剤が使われますが、
多くは苓桂朮甘湯のような湯液を使います。
これは少し冷えた虚証タイプな人に良い。

反対に
五苓散は実証タイプで、少し熱が有ると良い。

八味地黄丸は多くは男性に用います。
これは少しのお酒で飲むと吸収が良いようです。

ドクダミ茶、本格的なスギナ茶と色々作られるのですね。
知人で自作のヨモギ茶を飲んでいる人も居られます。

私は1日の時間帯により、緑茶から珈琲でルイボステー、マテ茶等と
変化を付けております。

こちら、お天気続きで暑くなってきました。
まもなく梅雨の時期になりますねぇ。

バラ展はスゴいんでしょうね♪

今回は甘味のお話でしたね。
大人は味覚だけでも、血糖値が少し上がるんですね!

私はチョコをちょこっと一服します(^^)
最近は、乳酸菌入りとかありますよね~

このところお腹の調子がいまいちだったんです。脾が弱っているかな。。

一支国さんへ

チョコをお猪口でちょこっとですかね(笑)

お腹の調子がイマイチとは!

色々な病気はお腹の変調から起きるとも言われています。

それは東洋医学の臓腑を考えてみれば分かります。

思考や作用は臓腑から来ています。

これは頭脳の投影と考えればよいのです。

古典にも頭脳は清明の府と書かれています。

よって、お腹の調子は全身に影響致します。

福岡視力を訪ねて、証を診て、きちっと治療をして下さい。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。