藏気法時論の五行

2017/06/12 Mon

両日のデズニ―の後遺症で疲れて
毎日、グダグダしています。
朝の散歩に出る気力も有りません。
しかし、マイ吉は元気で幼稚園に通っています。
1497264808053.jpg
夏服バージョンです。

藏気法時論も1ヶ月振りに戻りました。
(藏気法時論・訓読)
岐伯對て曰く.
五行は.金-木 水-火土也.
更(かわる)がわる貴(たっと)く
更がわる賎(いや)し.
以って死生を知る.以って成敗を決し.
五藏之氣.間甚(はなはだしき)之時.死生之期を定む也.

(井案)
岐伯が答えて云うには、
五行とは金-木と火-水と土の五つの事であります。
この順番ですが、
今の木、火、土、金、水の順ではありません。

この順番が重要な意味を現しています。
小寺師匠の話では、

金と木が1つのグループです。
ほら!金と木の間に線が引かれています。

火と水がもう一つのグループです。
金-木は生物を鉱物(非生物)の相尅関係で、
火-水は科学的な相尅関係で還元作用と酸化作用です。

真ん中の土は反応部位です。
よってこの五行は全世界を表しているのです。

全世界の作用を表しているのが重要です。

この五つの間には貴賎の順序があります。
これはジャンケンのように独り勝ちが無いのです。

これによって死生を知り、
成敗(勝ち負け)を決定する事ができるのです。
これは全世界が平等であると言っています。

東西南北の4種に中央を加えて5種類です。
季節も各季節の最後に土用が含まれています。

これでは五つの関係が複雑ですので、
中央の土用が一番作用の強い夏と秋の間の晩夏に
長夏として移動します。

すると次の関係が成立するのです。
五行の相生、相剋関係を現しているのでしょう。

これで自然現象や人の変化や作用等を
説明されるのが「易」です。
これから色体表が作られました。

五色は青、赤、黄、白、黒です。
隣同志が会えば融和します。

一つ離れている強調関係では目立ちます。
例えば次の章の宣明五気編23の始めに
五味、酸、苦、甘、辛、鹹があります。
これも同じです。

次は「五気病(やま)しむる所。心は噫を為し…」と続き、
この現象を医学に利用したのが当に東洋医学になるのです。

甚しいとは盛んになる事です。
これは五行の間で五臓の気が隙間があるように、
盛んに成ったり成らなかったりする事です。

例えば、肝木を以て話すと
冬の間は盛んにはなりませんが、
春に成れば肝木も自然界の気を貰い、
元気で盛んになって行くのです。
究極は死ぬ時も知るのです。

これらは、古代の医師達が臨床経験を通じて
考えだされた物で我々も充分に参考に成る物で有ります。

図式       南(火夏)還元作用(火を使う)
           ↓
 (木春)生物 東→→中 央←←西(金秋)金属系の代表 
          (土)
           ↑
         北(水冬)酸化作用
当にこの編の講義中です。
この考えを師匠から教わった時は、
私の頭の中ではビビビッとショックが走りました。

この時の感情は口に出して表現出来ませんが、
今まで五行は単純にジャンケンの大きい物位に考えて、
自分の中では、とても薄っぺらい物でしたが、
突然に巨大な物に変身したのです。

それからの五行が面白く成り、
色々な文献を尋ねました。
この時のショックは今でも思い出せます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

まいちゃん決まってますね!(^^)

先生は復活されましたか?


こちら壱岐に帰省しています。
今日は母の治療を行ないました。
施術中、お腹がグルグル・・と動いていたので、まぁ良かったと思います(^^;

金-木は生物と鉱物の相尅関係、
火-水は還元作用と酸化作用、
真ん中の土は反応部位。


私もこれを先生に初めて伺ったとき、
目からうろこと言いますか、そうだったのか~スゴイ!と
電撃が走ったんですよ。

五行はとても興味深いのですけど、
おおまかなことしか理解できていません(汗)
先生の講義受けたいですね~

一支国さんへ

マイ吉君は元気すぎます。

私はまだまだ復活致しません。

経絡治療を受けると良く成るのですが、

また、再発します。

隔日に受けると良いのかな(笑)

壱岐に一時帰られたのですね。

お母さん、あなたの治療で喜ばれましたね。良かったです。

この時はお母さんの喜びますが、治療した人も嬉しいものですよね。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR