スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臓気法時論ー秋編ー

2017/08/29 Tue

夏も終わりに近づき
最近は秋の気配を感じるようになりました。
1497262351631.jpg

マイ吉君も夏の最後の花火に興じています。

(訓読)肺は 秋を主(つかさど)る。

手の太陰(たいいん) 陽明(ようめい) 主(しゅ)治(ち)す。

其の日は庚(こう)辛(しん)。

肺は氣(き)の上逆(じょうぎゃく)に苦しむ。

急(きゅう)に 鹹(しん)を 食して以(も)って 之を泄(せつ)す。

(井案)秋の季節には少し早いですが、
肺の担当の季節は秋です。

作用は手の太陰肺と陽明大腸を主治します。

その日は庚辛(かのえ・かのと)です。

肺は呼吸器系ですので、
病気になれば、咳込みや喘息の様な
下から気が突き上げる症状が出て来ます。

気管や肺の異物を排除しようとしているのですが、
強い咳は人を苦しめます。

しかし、肺の病によく現われる症状に、
咳嗽(ガイソウ)喘息、短気(タンキ・呼吸困難)
上気(ジョウキ・呼吸促迫)少気などが現われます。

これらは肺経が弱り気管支の繊毛の動きも弱くなると、
細かい異物の排泄が困難になり、

これらが気管内に留まり、
この刺激が迷走神経を刺激します。

迷走神経は自律神経の副交感神経です。

これが出ないと経絡治療の本領を発揮できません。

咳では異物を排泄する力が無いので、
何時までも咳が出ています。

更に異物が胚胞まで達すると、
原因不明の肺癌まで進展するのです。

肩甲間部の肺兪の硬結は
気管支からの反射を思ってください。

この様な時は苦味を食して
この気を下方に洩らすのです。

と古典は書いていますが、
これは苦味ではなく鹹味ではないでしょうか。

鹹の味で湿気を吸収か利尿すれば良いのでしょう。

塩っから味の薬物では芒消で
作用は瀉下、懐疑作用があります。
 
鹹味(塩からみ)には
大麦、黒豆、麦茶、栗、漬物、味噌、醤油があります。

鹹味は下剤を意味しているのです。

薬物では下剤の芒消(硫酸ナトリウムNa2SO4)があります。

これらは人には必要なミネラルで、
一般の人では減塩食は考え物です。

日本人では食塩で直ぐに高血圧に成る人は少数派です。

しかし、塩分の取り過ぎが言われていますので、
味覚的に塩っぱい物を考えれば良いのです。

塩を感じるのは相尅関係の苦味です。

塩味と苦味は強調作用が有るので塩味が引き立つのです。

塩味を出したいならば、少しの苦味を足すのです。

なぜ日本人は塩に強いのかと言いますと、
太古の日本列島の人は肉よりも魚を多く食べていました。

魚は早く腐り易いので、
これを塩漬けと酸で保存していました。

よって塩分は必然的に多く取るのです。

しかし、矢張り塩分が気に成る人は
苦味のマグネシウムのバランスを考えれば良いのではと思います。

塩味は食事を一時的に美味しく感じさせます。

それは人には重要なミネラルだからです。

我が町で美味しいので有名なラーメン屋があります。

皆で行くと、パンチの利いた味でしたので、
美味しかったのですが、

皆さんは午後から喉が乾いて水ばかりを飲みました。

余分な塩分を排泄するのです。

味の濃さで塩味を隠していたのです。

皆さんはもう2度と行かない~と言っていましたが、
休日に成ると、その店は相変わらず行列が出来ています。

塩味も慣れて来ると更に塩味を求めるそうです。

師匠が常々
外食は危険です。家で食べるのが一番です。

これは濃い味は危険だし、続けていると飽きてしまう。

薄い味は人にとっては身体には一番だし
飽きなが来ないのですと言われていました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

マイちゃん、元気いっぱいの夏でしたか(^^)

こちらもここ数日で朝晩涼しくなりました。日暮れも早くなって、虫たちの声がします♪秋の気配です。
わたしはおかげさまで元気にやってます(^^)

肺の病気は秋に治療するのがいいのですか?

咳は異物を排出しているんですね。

肺に異物が留まると、迷走神経を刺激…
肺兪の硬結は気管支からの反射!

了解です(^^)

ミネラルは大事ですね!

味が濃いと美味しく感じますけど…お家の食事が一番なんですね。

塩味+苦味試してみま〜す(^^)/

ご無沙汰しています

こんばんは。すっかりご無沙汰しています。

このトピック、なるほど〜!としっかり納得しました(笑)。
両親の事情で5週間ほど名古屋に滞在しましたが、日本の半端ない暑さにねをあげて帰ってきたところ、どうも体調が良くない。
最初はアレルギーかと思ったのですが、この季節にびっくりの気管支炎と相成りました。
日本から持ち帰った黒豆茶やら麦茶を飲み、お味噌汁で雑炊にしたり。。。
アメリカ人は、体調が悪いとすぐにチキンヌードルスープなのですが、私はやっぱりお雑炊系が食べたくなります。

咳もだいぶおさまり(3週間かかってます!)、早く秋に無〜れ!とばかりに、ウォーキングもやっと再開、元気に残りの夏を乗り越えようと思います。
先生も、時節柄ご自愛くださいませ。

一支国さんへ

ひょうきんマイ吉君は元気いっぱいの夏でしたよ。

関東は台風15号の影響で涼しくなりました。

本当に秋の気配が致しますね。

この気候の急激な変化で、体調を崩しそうです(笑)

一支国さんも身体を御自愛下さい。

Kayさんへ

朝メールが入って、 「こんばんは」は流石に西海岸は遠いですね~!!
地球の反対側ですからね。(笑)

あの酷暑の時に名古屋に居られてのですか、大変でしたね!
名古屋は今も暑そうです。

息子と妹が居るのでぼやいています。

Kayさんは気管支炎だったのですか。
それは大変でしたね。背中が痛かったでしょう。

少し暖かい物を食べると体調も良く成って来ます。
足にお灸(温灸)も加えて下さい。

然谷のお灸は髪の毛の艶も出て来ますよ。
ウォーキングとファーマーで元気を取り戻して下さい。

私も秋に備えて胃袋を空っぽにして、
秋の味覚を楽しみたいと思っております。

Kayさんも気管支炎を乗り切って頑張って下さ~い。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。