藏氣法時論ー長夏の編ー

2017/09/04 Mon

関東地方は8月下旬に急に寒くなりました。

これは台風15号の影響だそうですが、

西日本では相変わらず残暑で大変なそうです。

この気温の境目にマイ吉君の家に泊まりに行ったのですが、

少し歩くと汗が上着まで染み渡ります。

翌日は涼しくて下着を重ね着して帰りました(笑)

DSC_0835.jpg

マイ吉君は二日間、気を使ってか私とよく遊んでくれました。

次の日から幼稚園が始まるそうです。元気で園に行ったかな。


臓気法時論を続けます。

今回は心の病です。
(本文)

病(やまい)心に在(あ)れば.愈(い)ゆること長夏(ちょうか)に在り.

長夏に 愈えざれば.冬に甚(はなは)だし.

冬に 死せざれば.春に 持(じ)し.夏に起(た)つ.

温食(おんしょく)と熱(ねつ)衣(い)を禁ず.

(井案)
 病が心に在れば、長夏(晩夏)に治癒します。

長夏とは晩夏の事で今の夏の土用辺りです。

江戸時代からですが、ウナギを食べる土用の丑の日です。

この心の病を放置して、

長夏に治らなければ、冬(水)に悪化します。

亡くなられる人が多いのでしょう。

冬に死ななければ、春(木)に持ちこし、

夏(火)には回復いたします。

矢張り病気の治療は1年を有します。

治療は焦ってはいけません。

病は気長~に治さなければなりません。

この時の治療では 凄く熱い食事や 熱い服は禁止です。

これを「禁温食熱衣」と言っています。

温食と熱い衣を禁止とは、これは変だ!  と思われましが、

これは誤りではありません。

心は自身が常に熱を持っているから、

外からの熱に弱いのです。

だから、外部からの熱を禁止しているのです。

熱い物を大量に食べて、ブリブリ発汗してみたり、

外部から強制的に温めての発汗は禁止です。

コツは多く温めるのではなく、

少しだけ温めるのです。

例えば暖かい物は少し飲むか食べる事です。

無理矢理に温めて発汗は 反って悪化させるのです。

これも普段から 冷やさないようにするのが重要です。

夏に風邪を引くのは 外気温が高いので、

生体は体温を下げようと大量に発汗します。

それこそ着ている服がビショビショに濡れます。

その時の処理を間違えたのです。

例えば 濡れた服のままクーラーに当たるとかすると、

毛穴が開いた所から(漢方的表現で済みません)

邪が侵入するのです。

その他 身体を急に冷やす等した場合です。

寒く感じた時は既に遅いのです。手遅れです。

また 心は 虚しても 実しても 発熱が 起きるのです。

よって、色体表では心は「香」の働きがあるのです。

体温が高い所からは 香りが発するからです。

体臭や口臭がこれに当たります。

口臭や体臭が強くなったと思われると、

心に変動か病変が 有るからです。

これを感じたら 直ぐに治療しなければ、

1年間も 苦しむことに成るのです。

また身体を温めれば 免疫力がアップすると言われますが、

これは程度の問題です。

無理に温めても、後で発汗して冷えるだけです。

発汗は 体温を 下げようとする 生体の 反応です。

よって、強制的な温めは 無駄と云うよりも 危険です。

傷寒論でも この強制的な 発汗の誤治が

述べられている 部分は 多いのです。

鍼の治療も 同じです。

強い刺激は 無駄に 生体に 傷を 付けるだけです。

鍼治療は 筋肉まで 鍼先を 差し入れるのは 危険です。

皮膚の上だけで 十分なのです。入れてはいけません。

皮膚上の 刺激だけで 生体は 十分に 感知しております。

反応を 強くしたければ、

経絡が 有るのです。体幹部の 痛みや

各症状は 手足の 刺激で 十分なのです。

次回は治療法を述べます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

マイ吉キックボードで遊んでるのね
懐かしいなぁと思いながらみてたよ^^

なるほどなぁ解りやすい記事です
暑すぎてもダメなのかぁとちと反省

出来るだけ冷やさないように
心掛けているのですが

たまにめちゃ暑い物をわざと食べて
身体を温めていると勝手に思いこんでいましたが

その時にかく汗が返って冷やすのかと思うと
中々調整が難しいですなっ( ;∀;)

適度な温さが一番いいんだろうなぁ

経絡治療は気持ちがいいっ
ほんとに触ってる??そう思う毎回の治療です^^

今じゃ数年前の腕の痺れは
仕事が大忙しの時以外ほぼなくなりましたしね
効果は絶大です(#^.^#)

♪デコさんへ

確かに適度な温さが一番難しいのです~ッ!
私も季節を考慮しないで、間違えてます(笑)

例えばマラソンのランナーがゴールに駆け込んだ時に
コーチ等に毛布を掛けていますね。
本人は汗が全開なのに~暑そうと思いますが、

毛布を掛けないと、後で風邪を引いたり、体調不良になるからです。
また、風邪を引いて寒気して、熱が上昇しているのに
発汗していない人が居ます。

これは発熱上昇状態の身体ですので、
熱い物を食べて、思いっきり発汗すれば、風邪は治ります。

ところが逆に、汗が少し出ている場合は発汗はホンの少しで充分に解熱します。
よって、発汗は難しいのです。

経絡治療は本当に気持ちが良いですよね~ッ
手足だけに軽い治療なのに、お腹の硬さや、背中の緊張が取れますからね。

腕の痺れが良く成られて良かったです。
私も眩暈が治まります。

しかし、鍼灸師の自分でも、自分の治療できなくて、
他の人にやって貰うのが一番効果が有ります(笑)

マイちゃんといつも仲良しですね!
幼稚園でも元気いっぱいかな♪
先生とマイちゃんを思い浮かべています(^^)

昨日は重陽の節句でしたね。
気持ち良い気候になってきました。

心は虚しても実しても発熱するんですね。
身体を冷やさないこと(体の温め方)、
発汗のこと、とても勉強になりました!

経絡治療の心地良さと効果を多くの方に知って頂きたいですね!魔法のようです(^^)
やさしい鍼を、私もまたやってみたいと思いました。

一支国さんへ

マイ吉君には何時も遊んでくれています。

幼稚園も元気で行っている様子ですので安心しています。

9は陽でこれが重なるから、重陽の節句と言います。
9は漢方では奇数の一番最高の数字です。

本当に、過ごし易く成って来ましたね。

普通の臓腑は虚せば冷えて来るのですが、
心だけは特別で、熱を帯びて来るのです。

よって、体臭や口臭が現れると、心の病を熱を疑うのです。

昨日まで目眩が酷かったのですが、日曜日に経絡治療を受けて、
今朝は快調です。

実は治療を受けた後が眠くて~
皆さんが帰った後で、そのまま夕食も食べないで寝込んでしまいました(笑)

治療は本当に心地良さと効果は素晴らしい物が有りますね。
これを受けるためにも研究会は続けたいと思います。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR