スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経絡治療 素読会 4

2010/08/19 Thu

今回で夏季集中素読会は終了しました。

難経本義諺解素読の内容は

春の弦脈が実で強くなると

陽脈になり、
「大過」になります。

この病の症状は、人はよく忘れ
恍惚となり、眩暈が起こります。

癲癇も起こるとされます。

考えるに木の芽時の癲癇発作を
表わしているようです。

弦脈が陰の脈になれば、
「不及」と言います。

症状は
胸が痛み、痛みが背中に引っ張り
下は両脇の下が腫れてくる。

肋間神経痛のような物でしょう。

夏の釣脈がやはり、
大過になれば、
身が熱し、膚が痛み、
これが身体に染み渡る。

これは熱中症のようですかね。

しかし今年の晩夏(長夏・土用)は暑いですねー
体温に近い気温です。

と各季節の症状が述べられています。

この四季ですが、五行でなく四行です。

水-火、木-金 の順の四行でした。

この順番が重要なのです。

(次回、五行論で説明いたします)

四季の季は季節の末の意味があります。

よって四季の最後の18日には
脾が支配する、土用が有るのです。

この土用で次の季節の準備をします。
こん土用の時に脾の力が無ければ
次の季節に病が発生します。

また各季節の中には
脾の緩和作用が入ります。

よってこの緩和の脈が少なくなると
人は病気になり、
無くなると死脈のなるのです。

脈だけでなく人の心も同じです。
如何にこの脾脈の柔らかい脈が
必要なのが分かります。

土用の中で一番重要のが、
夏と秋の間の土用です。

これから、木、火、土、金、水
五行が生まれました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

春楡

「春の脈は楡葉を撫でるような」という表現がありましたね。
楡で検索してみると、次のHPが読みやすいようです。
http://www.hana300.com/haruni.html

楡と言えば、春楡を指すそうです。
非常に軟らかい葉っぱで、如何にも春!という感じの、
薄い緑の葉で、成長も早い樹木の様です。

難経本義諺解の集中講座、とても楽しかったです。
皆の前で読むのは大変ですし、まず読んでいかなければ、
皆に付いて行けません。
少しづつでも良い、今後も読む習慣を怠り無くやって行きたいです。
習慣づけてしまえば、「慣れ」と言う者は恐ろしいもので、
1ページでも読まないと、気になるものです。
今後も続けて読める機会を是非、お願いいたします。

次回の勉強会は22日ですね。
楽しみに、伺わせていただきます。

ありがとう

春楡のHPをありがとうございます。
柔らかそうですね。
古典にはよく登場する樹だそうです。
整数が
1、2、3、4、が
水、火、木、金に対応している
理由が隠されているのが面白いですね。

胃之数五

胃の数が五である、と言うのは、
1~9までの中心の数であることからのようです。
また、五には均整、整う、備わる、生きる、助かる、無事、
という意味もあるそうです。
引いては、五臓の中心であり、全てに胃の気が無ければ、
生きられないよ、という象徴の数であるわけですね。

先生の仰るとおり、1,2,3,4がそれぞれ水、火、木、金に対応している、
その由来を知りたいのですが、今のところ解かりません。
卦に由来していそうですが、難し過ぎて、易はとんとわかりませ~ん。
一生をかけた宿題になりそうです(笑)

五行論

陰陽論も五行論も
見方を変えているが、
全世界を表わしています。
この様な形で世界を表わした理論には
驚きがあります。
ある人が、
五行論には木、火、土、金、水の5つで日、月が無い!
いやいや陰陽論に月と日があります。
なるほどこれで七曜が揃った~!
明日は陽の日ですかね。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。