陰陽論5(食事)

2010/08/21 Sat

野菜の摂取が少ない北欧地域の人達も、

生きるためには「陽中の陽」の肉

なんとか手軽に摂取したいのです。

アメリカ人の様に

厚い肉をフライパンで焼くと、

肉から油が出てこれを吸収します。

北欧の人は肉の調理法を

経験と知恵で工夫しています。

それは肉の陽的な部分を

効率良く取り除けば良いのです。

肉を出来るだけ薄く切り

直火で焼く事により、

肉の中の高エネルギーである

燐酸を含む脂肪をバチバチと飛ばし、

少しでも「陽」の部分を除去しているのです。

この焼き肉の調理方法だと、

高齢者でも胸焼け、胃もたれが起きずに、

手軽に摂取できます。

よってバーベキューでは結構お肉が食べられます。

沖縄料理も豚肉を茹でる事で油を出しきります。

すると余分なコレステロールが取り除かれて

コラーゲンやタンパク質が残ります。

今の様に簡易にオーブンで焼いたり致しません。

これらから陽が多い

高カロリーの食事は身体に堪えます。

出来るだけ陽の部分を外す事が必要です。

また高齢者は高カロリーの肉を

敬遠されると思いますが、

身体も冷えているために、

少しなら温めてくれる肉も必要なのです。

調理には脂をいかに抜くかが問題です。

余談ですが、この時

キーウイフルーツを一緒に

摂取するのが有効です。

食べたときピリッとした感じは、

たんぱく質分解酵素のアクチニジンです。

肉食時に食べると消化が良く胃もたれ致しません。

キーウイは中国南西部原産で「羊桃」といわれます。

これをニュージーランドに持ち込み、

改良を重ね現在の物にしました。

ビタミンCも1日分含まれていますし、

食物線維のペクチンも多いので、

便秘や高脂血漿予防に最適です。

美肌効果もあるとの事、

中年以降は必要なフルーツと言えます。

スポンサーサイト

コメント

Secret

ありがとうございました。

ふぅむ…現在の若者たちがやっているような鉄板焼きではなく、
直火焼きが正式なバーベキューなのですね。
同様に炭火での焼肉などは時々食べても宜しそうです(嬉)
勿論、一緒に焼いた「野菜」をたくさん摂ります。
本当は夏のキャンプではなく、冬にやるべきなのでしょう。
ダイエットの敵、にっくき脂を徹底的に落とす沖縄の豚肉料理も
とても参考になります。
両親と一緒に住まっておりますので、今後の食事に役立てます。

今日は楽しく有意義な勉強会をありがとうございました。
心包経の是動病、所生病、しっかり頭に入れました。

基本の経絡治療をしっかりと勉強させていただき、
後は穴性など自分でも色々と調べ、古典を読み、
先生の様に「治せる」治療家を目指して行きたいです。
頑張ります!
次回の勉強会、9/12が今から待ち遠しいです~。

焼肉

そうですか。
四つ足の肉が禁制だったのは、
そういう裏事情が あったのですね。
確かに肉が大好きな人は 攻撃的な方が多いような 気がします。
年を取ると肉から離れていくというのも、
血気が萎んでいくからかも知れないですね。
バーベキューというのは、 
脂が焼け落ちていくから、陽中の陰に近くなるのですか。
なるほどね~。。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR