スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色体表9 赤い色々

2010/09/25 Sat

読者からの質問をコメントに載せましたので、

急遽、赤い色についてと下痢と便秘について書きました。

その前にこざっぱりした好漢堂です。
好漢堂治療院
10月から正面の家の建て替え作業が始まります。

新しい家は3階建てになるそうです。

楽しみです。


「コメントの質問」

「あなたの赤色はどんな赤ですか?」

という質問があります。

赤を大別して、黄みがかった赤(紅花で染めたような赤)

青みが買った赤(ガーネットとか、血液の赤)

赤のイメージは、国や年代によってかわるようで、

東洋ですと、黄みが買った赤が好まれるようですし、

中国では、赤と金色がおめでたい色の組み合わせだそうですね。

日本人にとっても赤はめでたい色ですね。

若い人と年配の人でもイメージする赤は違うようです。

さて、若い人がイメージする赤はどちらでしょうか?

それとも、今の若い人の赤は変わってしまいましたでしょうか?


「回答」

赤にも色々有りますね。

ではどれが本当の赤色なのでしょうか??

混ぜる色で色彩が変わる事です。

これは絵の具の様に混ぜると黒に近づき黒くなります。

なるべく少ない色を使うには相剋関係を使います。

多く使うと段々と色彩が落ちてきます。

これが時代により同じ赤色でも流行や好みがあるようですね。


紅花の紅色は黒味掛かった赤です。

口紅には最高です。

紅花は女性の万能薬(血を補う)ので、

口紅を付けても体内に入っても良いと言われています。


これと反対に

光の色彩は混色すると白に近づき明るくなります。

この方法は青い服の下に白や黄色を着れば透けて鮮やかになります。

この方法は染物に使うそうです。

色を鮮やかにするには、初めに相剋関係の色を染めてから

目的の色を染めるとの事です。


私は染め物には詳しくないのですが、

小寺先生が例を挙げて説明して貰えたのですが、

生憎、私はその例を覚えていません。

これを本のどこかにメモをしていると思います。

何時か見つけた時には公開したいと思います。


30年前ですが、私は真っ赤な車に乗っていました。

皆さんが「鮮やかな赤だね」と褒めてくれます。

昔は車の塗り替えをよく行っていました。

だから初めから濃い色の車を購入しなかったそうです。

濃い色の車だと次に塗り替えると下地がモロに出るからです。

私の車は初めが白色の車を赤色に塗り替えたのです。

この赤色が良かったのではと思っています。


この赤色ですが、第三の脳(傅田光洋著)の本では、

人の皮膚は可視光線を認識するそうです。

セロテープを人の皮膚に張り、これを剥がし

外部からの刺激から守っている、

表皮のバリヤーを剥がします。

そこに可視光線の一部である赤、緑、青色を当てます。

赤色を当てると皮膚のバリヤの回復が早いそうです。

緑は変化無し

青は遅れるそうです。


やはり赤い下着は良いようですね。

還暦を過ぎたら赤い下着を付けましょう~

昔の着物の裏には絹を紅花で染めたスフを使って

女性の身体と皮膚を守っていました。

この事は非常に良かったのですがね~

復活してもらいたいです。


次は下痢と便秘ですが、

東洋医学では同じです。

こう言いますといい加減だ!

となります。

いい加減ではありません!

下痢は冷えても熱が有っても起きます。


実は気血の問題なのです。

この下痢は冷えて起きたのか、

熱で起きたのかを診断しなくてはいけません。

夏のように気血が体表に集まり、

お腹には少ししか来ていません。

そこにこの暑い夏ですから、

キット冷たいものを飲んでしまったのです。

よってお腹の冷えで来ていると想像したのです。

今回は手足を温めるように暖かいものを飲むようにとしたのです。

ここで間違えいけないのが下痢は熱でも起きる事です。

ポカリスエットはあくまでも下痢で失えた体液補充ですね。


熱で起きるのは熱を発する悪いもの(腐った物など)

0-157や細菌などです。

早く便を出す事ですが、

気血もお腹に入れるのも必要です。

便秘も同じ事です。

夏は気血が表面にある事は

気候の変化で発熱のような状態になります。

これは細菌性ではないので、長引く事があります。

こんな物でお許し下さい。

この話はまた機会が有りましたらお話します。

スポンサーサイト

コメント

Secret

口紅

京都へ行ったり、或いは行かないまでも、京都の物産展等で
お猪口や貝殻に入った紅を見かける事があります。
青光りする、舞妓さんがつけている口紅です。
紅花は女性の為の生薬とまで言われる程ですから、
今の化学物質で色づけされた口紅なんて愚の骨頂という訳ですね。
ベニバナの紅、欲しいんですが、結構、お値段が張るんですよ~。

何方か京都にいらしたら、お土産にお願いします~v-238

昔の女性の赤い腰巻や襦袢は、伊達ではなかったのですね~。
きちんとした理由があるのですねぇ~。
でも、やっぱり赤い下着は一寸抵抗があるかなぁ。
和服なら、全然OKと言う所が、女心の面白い所です(笑)

そういえば、赤に関する話題で、面白い文を見つけました。

☆五行では、南方の色(朱雀)

☆中国においては、赤は忠義を示す色とされる。
 (例:京劇における関羽)

☆江戸時代、天然痘除けとして赤い達磨が使用された。
 痘瘡神が嫌いな赤を集め、患者も家族も赤を着、赤い布団を用い、  赤い玩具、赤い達磨、赤い春駒、赤い犬張子、赤飯、赤鯛、
 赤い幔幕、赤い注連縄、赤い屏風、赤色の多い痘瘡絵
 などを掲げる。
 用がすんだら燃やすか、川に流す。
 この風習の発祥は、神聖ローマ帝国カール5世(16世紀)で、
 幼少時痘瘡に罹患したときに、赤い衣類を着、部屋の装飾品など
 一切を赤色にし、赤い光で部屋を充たしたところ
 きれいに治ったので、この風習はヨーロッパでも、長く残ったという。  
☆副交感神経を刺激する色で、食欲や性欲を刺激する色。
 (例:赤提灯)

☆赤地に白の文字や文様の入った配色は、
 購買意欲をそそる物として有名である(例:コカ・コーラ)

その他、独特の赤が有名なフェラーリ(先生の車も、このカラーだったのかもしれませんね~(^^)v)
赤の三つの菱形を並べた三菱の社章など、

魔よけ、人の目を引く、心をひきつけるなどの意味が、
「赤」という色にはあるようです。
たった一つの「色」ですが、奥が深いですね~。
勉強になりました。

☆わんこさん、素敵な質問をありがとうございました☆

赤・紅・朱

京都へ行ったり、或いは行かないまでも、京都の物産展等で
お猪口や貝殻に入った紅を見かける事があります。
青光りする、舞妓さんがつけている口紅です。
紅花は女性の為の生薬とまで言われる程ですから、
今の化学物質で色づけされた口紅なんて愚の骨頂という訳ですね。
ベニバナの紅、欲しいんですが、結構、お値段が張るんですよ~。

何方か京都にいらしたら、お土産にお願いします~v-238

昔の女性の赤い腰巻や襦袢は、伊達ではなかったのですね~。
きちんとした理由があるのですねぇ~。
でも、やっぱり赤い下着は一寸抵抗があるかなぁ。
和服なら、全然OKと言う所が、女心の面白い所です(笑)

そういえば、赤に関する話題で、面白い文を見つけました。

☆五行では、南方の色(朱雀)

☆中国においては、赤は忠義を示す色とされる。
 (例:京劇における関羽)

☆江戸時代、天然痘除けとして赤い達磨が使用された。
 痘瘡神が嫌いな赤を集め、患者も家族も赤を着、赤い布団を用い、 
 赤い玩具、赤い達磨、赤い春駒、赤い犬張子、赤飯、赤鯛、
 赤い幔幕、赤い注連縄、赤い屏風、赤色の多い痘瘡絵
 などを掲げる。
 用がすんだら燃やすか、川に流す。
 この風習の発祥は、神聖ローマ帝国カール5世(16世紀)で、
 幼少時痘瘡に罹患したときに、赤い衣類を着、部屋の装飾品など
 一切を赤色にし、赤い光で部屋を充たしたところ
 きれいに治ったので、この風習はヨーロッパでも、長く残ったという。  
☆副交感神経を刺激する色で、食欲や性欲を刺激する色。
 (例:赤提灯)

☆赤地に白の文字や文様の入った配色は、
 購買意欲をそそる物として有名である(例:コカ・コーラ)

その他、独特の赤が有名なフェラーリ
(先生の車もこのカラーだったのかもしれませんね~(^^)v)
赤の三つの菱形を並べた三菱の社章など、

魔よけ、人の目を引く、心をひきつけるなどの意味が、
「赤」という色にはあるようです。
たった一つの「色」ですが、奥が深いですね~。

☆わんこさん、素敵な質問をありがとうございました☆
とても勉強になりました。

赤・紅・朱

京都へ行ったり、或いは行かないまでも、京都の物産展等で
お猪口や貝殻に入った紅を見かける事があります。
青光りする、舞妓さんがつけている口紅です。
紅花は女性の為の生薬とまで言われる程ですから、
今の化学物質で色づけされた口紅なんて愚の骨頂という訳ですね。
ベニバナの紅、欲しいんですが、結構、お値段が張るんですよ~。

何方か京都にいらしたら、お土産にお願いします~v-238

昔の女性の赤い腰巻や襦袢は、伊達ではなかったのですね~。
きちんとした理由があるのですねぇ~。
でも、やっぱり赤い下着は一寸抵抗があるかなぁ。
和服なら、全然OKと言う所が、女心の面白い所です(笑)

そういえば、赤に関する話題で、面白い文を見つけました。

☆五行では、南方の色(朱雀)

☆中国においては、赤は忠義を示す色とされる。
 (例:京劇における関羽)

☆江戸時代、天然痘除けとして赤い達磨が使用された。
 痘瘡神が嫌いな赤を集め、患者も家族も赤を着、赤い布団を用いる。 
 用がすんだら燃やすか、川に流す。
  この風習の発祥は、神聖ローマ帝国カール5世(16世紀)で、
 幼少時痘瘡に罹患したときに、赤い衣類を着、部屋の装飾品など
 一切を赤色にし、赤い光で部屋を充たしたところ
 きれいに治ったので、この風習はヨーロッパでも、長く残ったという。  

☆副交感神経を刺激する色で、食欲や性欲を刺激する色。
 (例:赤提灯)

☆赤地に白の文字や文様の入った配色は、
 購買意欲をそそる物として有名である(例:コカ・コーラ)

その他、独特の赤が有名なフェラーリ
(先生の車もこのカラーだったのかもしれませんね~)
赤の三つの菱形を並べた三菱の社章など、

魔よけ、人の目を引く、心をひきつけるなどの意味が、
「赤」という色にはあるようです。
たった一つの「色」ですが、奥が深いですね~。

☆わんこさん、素敵な質問をありがとうございました☆
とても勉強になりました。

赤・紅・朱

京都へ行ったり、或いは行かないまでも、京都の物産展等で
お猪口や貝殻に入った紅を見かける事があります。
青光りする、舞妓さんがつけている口紅です。
紅花は女性の為の生薬とまで言われる程ですから、
今の化学物質で色づけされた口紅なんて愚の骨頂という訳ですね。
ベニバナの紅、欲しいんですが、結構、お値段が張るんですよ~。

何方か京都にいらしたら、お土産にお願いします~v-238

昔の女性の赤い腰巻や襦袢は、伊達ではなかったのですね~。
きちんとした理由があるのですねぇ~。
でも、やっぱり赤い下着は一寸抵抗があるかなぁ。
下着でも和服なら、全然OKと言う所が、女心の面白い所です(笑)

そういえば、赤に関する話題で、面白い文を見つけました。

☆五行では、南方の色(朱雀)

☆中国においては、赤は忠義を示す色とされる。
 (例:京劇における関羽)

☆江戸時代、天然痘除けとして赤い達磨が使用された。
 痘瘡神が嫌いな赤を集め患者も家族も赤を着、赤い布団を用いる。 
 用がすんだら燃やすか、川に流す。
  この風習の発祥は、神聖ローマ帝国カール5世(16世紀)で、
 幼少時痘瘡に罹患したときに、赤い衣類を着、部屋の装飾品など
 一切を赤色にし、赤い光で部屋を充たしたところ
 きれいに治ったので、この風習はヨーロッパでも、長く残ったという。  

☆赤地に白の文字や文様の入った配色は、
 購買意欲をそそる物として有名である(例:コカ・コーラ)

その他、独特の赤が有名なフェラーリ
(先生の車もこのカラーだったのかもしれませんね~v-20
赤の三つの菱形を並べた三菱の社章など、

魔よけ、人の目を引く、心を惹き付けるなどの意味が、
「赤」という色にはあるようです。
たった一つの「色」ですが、奥が深いですね~。

☆わんこさん、素敵な質問をありがとうございました☆
とても勉強になりました。

ビックリですね~

白い月の風さんへ
色々調べて頂きありがとうございました。v-238
赤でもこれほど有るとは凄いですね!
赤い下着といえば・・・巣鴨ですね。
一度巣鴨の赤いのを買ってきましょう。
と言っても勇気が要ります。
もう少し歳をとってからにします。

しかし、これだけ赤で色々ありますと、
次の黄色、白色、黒色は書けません。
以下同文で次に行きましょう。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。