色体表10 白か黒かどっちだ!

2010/09/30 Thu

「金」の清い白色は、

清潔感を感じます。

単独では何にでも染まり、

しかも落ち着いた色です。

代表的には金属の色としています。

 これが相剋関係の「火」の赤色や

「木」の青色に合うと突然に自分を主張してきます。

お祝い事の垂れ幕には紅白の垂れ幕などにも使われるし、

前述した青色ならば、さらに引き立てます。

 しかし相生関係の「水」の黒色と会うと

碁石や葬式の垂れ幕などに用いられて、

ひっそりと落ち着いた色になります。

 相剋図式  
「火・赤」→剋→「金・白」→剋→「木・青」強調関係
☆型関係 
五行色付き
 相生図式  
「土・黄」→生→「金・白」→生→「水・黒」溶け合う関係


 「水」の黒色は、

重たく感じます。

オーディオやカメラなど

重厚な機械を感じさせるのに用います。

酸化された色の代表です。

黒い色は地味な感じです。

 それが赤色や黄色の相剋関係の色に出会うと

突然に明るく目立つ色になるのです。

これは不思議です。

 昔よく見かけた、白地に真っ黒な墨色文字の地味な看板も、

赤色で黒色の文字を縁取りすれば、

途端に目立つ看板に早変わりいたします。

 このように色体表は自然界の現象を

巧みに色体表として取り入れています。

 相剋図式  「土・黄」→剋→「水・黒」→剋→「火・赤」強調関係

☆型関係 
五行色付き
 相生図式  「金・白」→生→「水・黒」→生→「木・青」溶け合う関係
○型関係      ↗ (火・赤) ↘
       (木・青)     (土・黄)
         ↖(水・黒)←(金・白)↙
 余談ですが、油絵の黒を直接キャンバスに塗ると

(これは絵画の先生によく昆色しなさいと怒られました)

絵の具の単一の黒は実は明るいのです。

色々混色しないと地味な黒色にはなりません。


スポンサーサイト

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

酸化によるとは@@

いつもありがとうございます^^

水行の黒が酸化された色の代表だとは・・・

どうしても、水色とか青ってイメージがあります。



酸化の黒

酸化と言うのは、金属が水に触れ、或いは酸素に触れ、
その性質が変わる事を意味します。

鉄が水に入れば赤錆が発生しますし、
銀が酸化すれば表面が黒くなるのは
有名ですね。

だから、銀鍼を使う時には銀磨きの布で、
先の錆びを磨いてから施術すると、
切っ先が鋭くなって、切れが良くなって、効果も良く出る様になります。

それで、金属が酸化した代表的な色が「黒」になるみたいですよ~

あ、でも間違って居たら申し訳ないので、

詳しくは先生のご説明をお待ちしておりま~す

このページは日常的に解りやすい東洋医学を優しく
解説して下さってますね
また寄らせて頂きます。

森のうさぎさんへ

そうなんですか~@@

五行の色っておもしろいですね^^

ありがとうございます!

白!黒!

何故、「金属の代表」が「白」なのか?
それがどうしても解からずに、頑張って調べたのですが、
結局、解からず、先生に伺って来ました。

「金属を磨くと、白く輝くからだ」という回答を頂きました。
鉄の武具、刀や槍などは磨げば白く輝くのは解かっていますが、
何と、古代の「銅鏡」も、磨くと真っ白に光り輝くそうです!

これは驚きでした!
銅なのだから、金色とか黄銅色に輝くのだと
思い込んでいたのですが、
実際は、「真っ白に輝く!」
古代にあって、如何に神々しく見えたことでしょう~v-42
光って、相手を映す鏡、
神殿の御神体となり得たのが解かりますねぇ~。

今日はいつもと違った角度から「白」を見てみましょう~。
白川静著・字通によると、
白は「とうろ(頭・かしら)の形で、白骨化したもの、されこうべ。
雨露にさらされて白くなるので、白色の意となる。~v-40

五行では、西、秋、金

とあり、風雨にさらされた頭蓋骨がその字形となっており、
戦で勝った側は、負けた側の大将のそのしゃれこうべを杯にして
酒を酌み交わして戦勝を祝ったといいます。

矢張り、歴史は血なまぐさい部分が多いですね。

☆白は、しばしば「善」「純潔」「清廉」などのイメージを伴う事が多い

☆源氏・平家の対立を扱うとき、源氏を白で表す。
これが紅白歌合戦や運動会などの対抗試合に
受け継がれたともされる

☆ロシアの文化にも、西方を白で表す風習があった。
ベラルーシが1991年に独立するまで、日本では「白ロシア」と
呼んでいた

☆冷蔵庫や電気洗濯機などを白物家電と呼ぶ。
これは白を用いることで清潔感をアピールするだけでなく、
主な利用者が主婦層であるために、重厚なイメージを与える
黒に対して、軽さ、使いやすさを主張する色であるといわれる。
対して、テレビや各種レコーダー、オーディオ機器は黒が好まれる。

などの説明を見つけました。案外、古代の生活に密着した話題を見つけられなかったのが残念です。

対して
」です。
同じく白川静先生著・字通によると
東プラス火。火、熏する所の色なりとあり、
「煤」の色を表しているとの事でした。v-41

☆五行思想において、黒は水を表し、北や冬を連想させる

☆仏教では、黒は地獄の色として考えられている

☆日本では、喪服は黒で統一される例が多い。
ただし明治時代以前においては、喪服は白であった。
明治天皇の葬儀から、欧米に合わせて喪服を黒とするようにされた

☆死→戦争→闘争との連想から、黒は「武勇」「憎しみ」「男性」を
表す。なお男性を表す色には、黒以外に青もよく使われる。
  ⇔赤(愛、女性)

☆黒は何色にも染まらない性質から「中立」のイメージを持ち、
裁判官の法服や、スポーツの審判員の衣服には黒一色が用いられる

色の話は、こんな所でいかがでしょうか~v-82

白と黒

∞万華鏡さんへ
森のうさぎさんへ
白い月の風さんへ

お三人のコメントありがとうございます。

外泊から帰ってきました。
私の出る幕は無いようですから付けたしを・・・

酸化の黒は五行の成り立ちで説明します。
これは初めの四行から説明する必要があります。

丁度これに先駆けて四神の図を頂きました。
この図を使って説明したいと思います。

白と黒はやはり落ち着きますね。
葬式の色の様ですが

囲碁はこの組み合わせです。
あれが赤と白ならば目がちかちかしてね~

白と黒も良いものですね~
先ずは女性が色っぽいです。

スマートに見えます。
子供の好きな忍者も黒です。

皆さんこれからも宜しくお願いします。


プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR