腎の臓 (1)

2010/11/03 Wed

東洋医学の腎臓と現代医学の腎臓は異なります。

東洋医学の腎は総合機能的な腎

本来の腎臓ではありません。

先日、那須塩原で腎虚に付いて講演を持ちました。

懐かしい方々にお会いして、楽しい時間を過ごしました。

この講演会の題名が「経絡治療の腎虚について」でした。

今回はこの講演会で言い足らなかった箇所を書きたいと思います。

現代医学の腎臓の働き 

腎臓は英語でkidneyと言います。

キドニーの音は何か可愛い感じが致します。

可愛いだけに、このキドニーちゃんは、

人の背部を遊び回ったりいたします。

これは腎臓が腹膜後器官だからです

よって腹膜(内臓器を包んでいる膜)ではなく、

背部に脂肪被膜で囲まれています。

だから腎臓の位置はこの脂肪組織で固定されているのです。

定位置は大体ですが肘の高さにあります。

しかし、この脂肪が少なくなると、

固定されていたキドニーちゃんは下垂して、

遊走腎として動きだす事があります。

するとジワジワと腰痛や腹痛などの痛みが出たりします。

よって、やたらに痩せないようにして下さい。

エタボの人には天敵ですが、脂肪も必要です。

 機能的には腹大動脈からの直接枝が腎動脈として入っています。

ここは安静時に心拍出量の4分の1に当たる

毎分約1.2ℓの血液が流れ込みます。

腎小体の糸球体でろ過された体液は1日150ℓを濾しだされて、

その99%を尿細管で再吸収されて、

わずか1%が最後に尿として膀胱に送られます。

 このろ過をする仕事には、血圧が低ければ出来ません。

仕事が出来なくなると、有害物質が体内から出ません。

血圧が低くなると非常事態が発令されて、

糸球体傍細胞からレニンというホルモンを分泌します。

これが血液中のアンギオテンシンに作用します。

これが更に副腎に作用してホルモンが出て、

血圧を上げるのです。

これで腎臓は仕事が出来るようになるのです。

 腎臓は2個ありますが、機能的には1個で十分です。

しかし老齢になると肝臓や腎臓の機能が低下してきます。

その時に2個で良かったとなります。

今は必要なくても、移植用に1個を売らないようにして下さい。

 また腎臓の性能は奇形率から見ますと、馬以下と言われています。

よってチョッとした事で機能が狂ってきます。

例えば風邪を引いた後遺症でタンパクや血尿が出たりする事も起きるのです

この時はあわてずにユックリと経過観察してください。

人の自然治癒力は素晴らしいものがあります。

この自然治癒力を活発にさせるのが東洋医学です

私も以前は血尿や尿タンパクの患者さんを診ていました。

皆さんの血色が良くなるのは嬉しい事です。
スポンサーサイト

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

腎臓

キドニー、確かに可愛い響きですねv-238
我が家では良く、「キドニービーンズ」という
豆をスープやサラダにして
食べますが、色と言い、形と言い、腎臓によく似ています。

似たものを食べるのが良い、と、中華では言われますね。
また、悪い所と同じものを食べるのが良いとも言われ、
腎臓は「マメ」と呼ばれて食されてもいます。
(勿論、動物の腎臓ですよ(笑))

東洋医学を学び始めた頃、
現代医学の「腎臓」と、東洋医学の「腎」との間で
板ばさみになり、悩んだ日々が既に懐かしくなりつつあります。
更に学びを深めて、先生の様に医師と対等に会話できるように
なりたいと、思います。

白い月の風さんへ

毎回コメントをありがとう。
我々は東洋医学の理論で治療をしています。
現代医学の理論ではないのです。
だから現代医学の理論で東洋医学の治療は
先ずは無理です。

また東洋医学は自然療法とも言えます。
自然療法は患者の自然治癒力を高める事です。
最近は肌も治療も余り手を加えないほうが良いと
言われています。

この事が分るまでには大変な時間が掛かりました。
よって我々の治療も多くの時間や手を
加えないようにすべきなのです。

次回は東洋医学の腎の臓を説明いたします。
また宜しくお願い致します。


先生

お久しぶりです。

今ちょうど体調を崩してしまい、
腎について考えていました。

月経が終わったばかりでした。
今月は出血大サービスで辛かったなぁと思っていた矢先のことです。

悪寒があり、関節とノドが痛みます。
咳、涕はほとんどありません。
熱は38度まで上がりました。

同時に頻尿の症状もでてきました。
体もむくんでいます。

寒邪でしょうか。

頻尿、むくみは腎の不調ですよね。
「精血同源」ということは、
月経の出血が多かったことにより、精が減ってしまい
邪が体内に入ってしまったとも考えられるのでしょうか。


先生とお話するには、まだまだ私は勉強不足です。
恥をしのんで、思い切って書き込みしてみました。

お嬢さんへ

大変でしたね。
出血大サービスは教科書では血熱、と気虚とあります。
経験から、生理前は体温が上がりますが、
生理後は体温が下がり、倦怠感があり、
外出するの疲れていました。

この体温の38度は生理ではなく、
たぶんですが、寒邪でしょうね。
暖かくしてユックリ休まれては如何でしょうか。

No title

先生は、常日頃「痛いところは打っちゃダメ~」
「鍼は深く刺せば筋肉を傷める」「浅くても鍼は効くんだぞ~」
とおっしゃております。
TFHの信念にクライアントさんに対して私達は99㌣のマウスでいること
自分自身の素晴らしいスーパーコンピュターがあっても起動させない。
介入しすぎない・・・・。、
治療家と患者さんの距離バランスの共通点を感じます。

日本の鍼の特徴の一つとされる
浅い鍼、刺さない鍼(てい鍼・小児鍼)の効果が
海外の大規模臨床実験(ドイツ・アメリカなど)で証明され
(昨年の国際シンポジウムにて)
それがある意味で、
世界の鍼灸の中での日本から発信できる鍼として
重要であるといわれています。
逆に中国、韓国、日本の方が慎重に議論されているようですが・・・。
そうなのです、経絡治療は今、海外からも注目を浴びているのです。
いつも、日本って変なのですが、
海外の評価で、価値があがったものを
国民がやっと受け入れる・・・。
美容鍼もアメリカのハリウッド女優からの評価から・・・。
経絡治療は・・・
循環器系、ホルモン系、結局全体のバランスを整えているのでしょう。
ピラミッドの底辺(根本)を整える。
局所治療ではないので強い刺激を求める人には物足りなさを感じる。
結果重視で、過去の状態(行いの結果)のディスプレイ(身体の今の状態)
の大きな変化を求めます。とっても過去的。
中国の医学の考え方は、
病気になる前に病気にならないようにするということが
一番優れた医者のすること。未病をコントロールしてバランスをとる。
それは国民の意識でもあるのでしょうね。
(過去ー現在ー未来の身体へのバランスが取れている)
九州のほうでは定期的に鍼灸を受けるような補助制度がある
ようですが、どんなシステムなのでしょうか?
先生・・・。
長くてすみません^^;

なんちゃってさんへ

外泊していましたから、
返事が遅くなりました。

出血大サービスは分りませんが、
熱の方は如何ですか?
風邪を引かれたのですか?
悪寒、浮脈は太陽病です。
発汗を促せば治ります。

浮腫ですが、これは腎だけではありません。
肝、三焦、膀胱、小腸、大腸とあり、
特に脾が一番多いですね。

これは腎が終われば説明しましょう。
恥を忍ばなくても良いと思います。
この様な質問も大歓迎です。
今後も分り易く説明したいのですが、
文章ばかりがながくなるのが、難点です。



コスモさんへ

海外では、
刺さない鍼や浅く刺す鍼が
評価されているのは
大変に嬉しい事です。

鍼は深く刺す必要がないのは
明白な事です。
この理論になると、
文章が長くなりますので、止めます。

美容鍼も顔に直接刺す必要がありません。
周りで十分に効果があります。
直ぐに近くを治療するならば、経絡は要りません。
何のための経絡かを考えてもらいたいですね。

症状に踊らされずに、
皆さんも経絡を使って、
手足だけで十分に治療してください。

No title

はじめまして。
腎移植や肝移植についてブログをリサーチしていたところ、貴サイトへたどり着きました。
臓器移植に関して様々なブログを読み歩いて勉強をしています。
助かる命がそこにあるのなら、少しでもお役に立ちたいと日々考えています。
こちらのサイトにありました意見や情報は色々参考になりました。
ありがとうございました。

腎移植

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。
このブログは腎移植と少し違いますが、
助けられる命を持っている人でも
診断をされないで、ただ闇雲に治療をされて、
生体に傷を付けられるだけの人も居られると思います。
治療者任せにしないで、患者さんも多く勉強をされる必要があると思います。
漢方薬でも鍼灸治療や整体も同じ事が言えます。
これからも、勉強に励んでください。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR