スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎の臓 (3)

2010/11/07 Sun

運動能力の維持

東洋医学の最高指導者黄帝(golden emperor)が

臣下の医師である岐伯に

人間の臓腑の役割は何かと聞いています。

岐伯はこれを国の役職で説明しています。

        れいらん ひてんろん
それには素問の霊蘭秘典論

「腎は作強の官、技巧出る」とあります。

また「志を蔵す」とも言っています。

私が小学生の時に小学生雑誌の付録に、

人の内臓の絵にソロバンを弾く武士、

捻り鉢巻で胃の中をかき回している

フンドシ姿の職人

これが面白くて毎日のように、

この絵を見て楽しんだ事がありました。

大体はこの感じです。

この訳は、

 腎の臓の運動系の事を説いています。

腎は身体を堅く強くする働きがあります

細かい作業や緻密な細工を続けて行えるのです。

という意味が含まれています。

身体を堅くするのは筋肉です。

この筋肉が弱くなると姿勢を

維持することが出来なくなります。

腎虚証になると、身体やお腹に力が入らず、

ここ一番踏張りが効きません。

身体の姿勢の維持が難しくなり

原因不明の気の病が出てきてきます。

常に腰がだるく、足にも力が入らず、

しかも寝ていても夢にうなされます。

常に歳をとったな~と思うようになるのです。

更に進むと拮抗筋(伸筋と屈筋)の筋力の衰えと、

バランスを狂わせて、手が震えてきます。

これは老人の状態です。

また身体のバランスも取れなくなります。

これは足がモツレて、けつまずきが起きます。

若いときは姿勢を立て直せますが、

筋力が衰えると、これで転倒してしまうのです。

また腎は「志」を蔵します。

福音書ではないですが「志ある所に道有り」です。
スポンサーサイト

テーマ : 鍼灸
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

腎虚の辛さ

机に座っても、姿勢を保っていられない、
起き上がっている事が出来ない、
文字を書く手が震えて、字が書けない、
どこが悪いのか解からないけれども、
いつもどこかしらが、辛い状況にある。

私は腎虚の典型的な患者という訳ですね。
これは、西洋医学ではどれ程調べても、結果として
出てくるものはありません。
当に、東洋医学の独壇場の治療になります。

しばらくは先生の勉強会の恩恵にあずかる事は出来ませんが、
聖書にもあるように、
「食卓の下にいる子犬も、子供達のパンくずは頂きます」
との言葉と同じ様に、
先生の治療の恩恵にあずかれる事を幸いと思います。

白い月の風さんへ

姿勢の保持が出来ない。
文字も書けないとは、
大変な状態ですね。
お薬も色々飲まれていると思います。

証としては、典型的な腎虚ではなく、
典型的な壊証というべきでしょうね。
腎、脾、肺と色々現れています。
よく頑張っておられます。
男性であればとっくに根を挙げています。

勉強ならば何時でも出来ます。
途中からでも大丈夫です。
東洋医学は逃げません。
気長に付き合って頂ければ大丈夫です。

漢方薬としては

クスリとしては、先生が考えていらっしゃる程は、
飲んでは居ないのです。

先生の鍼の方が余程効きますから、
今は、睡眠薬と、H2ブロッカー位です。

漢方薬も、体力保持の為に、十全大補湯か、黄耆建中湯を、
たまに飲み分けている程度です。

寝付けないのと、寝汗が酷いので、
疲れが溜まって行く一方になってしまっています。

急に寒くなりましたから、寝汗をかいた後の寒さが酷く、
今は、それが一番の問題でしょうか。
急に噴き出したアトピーも、眠れない一因となっており、
どうしたものかと、荒木正胤先生の本を片手に、
iTuneをバックに音楽をかけながら、真剣に考えております。

とにかく今以上に体力を落とさない為に、
きちんと食事をすること、早めにベッドに入る事、
これだけは心がけております。
あとは、先生の治療が頼りです。


長くなってすみません^^;

こんばんわ、好漢医学林先生。
たまに腎虚証の印籠を突きつけられて
はは~と、寝不足を改善せねばと反省する私です。

拮抗筋(伸筋と屈筋)の筋力の衰えが振るえなんですね@@
西洋の震せん系の病は腎虚なのでしょうか?

先日、どうしても声をしっかり出さねばならない司会のお仕事をおおせつかり、
好酸球が原因のたま~に出る咽の痒い咳が出る最近で、
司会をする前日夜寝る前に、咳き込んでは困ると、
薬を飲まぬ私が、夜に予防のためとドラックストアーで薬を購入。
『麦門冬湯』を飲んでしまいました。たった一度です。
眠ったら、朝まで起きないのに、張り裂けんばかりの頭痛と
量のない尿意に朝まで眠る事が出来ず、もうこのままじゃ、人に迷惑かけてしまう・・・、
時間すれすれに腎虚治療。膀胱経を触りだした時点で、頭痛がなくなり、
遅刻すれすれで、マイクを持つことができました。

ただ、帰宅してから薬の注意書きを読むと、
次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
 まれに下記のような危篤な症状が起こることがあります。
 その場合には直ちに医師の診察を受けてください。
の三つの項目の一つ・・・・、
偽アルドステロン症の症状があてはまりました。
尿量の減少、頭痛等が現れる、血圧の上昇(くらくらしたので)
その他・・・

でも、経絡治療で下に下げて難を逃れました。
・・・・のためにとか一時的な回避でもう薬は飲みたくないと思いました。
(もともと飲まない人が飲むと強烈なのでしょうか?)

白い月の風さんへ

漢方薬の十全大補湯か、黄耆建中湯ならば、
中焦を補いますから良いと思います。
なるべく過激な効用の有るものは避けてください。
鎮痛剤も中焦を破ります。
これらもなるべく避けるようにしてください。

コスモさんへ

大変な経験をされましたね。
漢方薬も確りと副作用がありますから、
使用には気を付けて下さい。

皆さんの東洋医学概論の中身の多くは
漢方薬の理論が含まれています。
だから少しその気で勉強すれば、
理解できる事が出来ます。
しかし鍼灸でも十分に対応できますので、
焦らず、腰を入れて、勉強してください。
プロフィール

(井案)

Author:(井案)
好漢堂のブログへようこそ!
東洋医学をもっと身近に感じてもらいたいので、
このブログを開きました。
質問を気軽にして頂ければを思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。